「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

無農薬や低農薬は危険!? 

と、こんなタイトルから始めると、「お前のところも危険なのかー!」とツッコミが入りそうですが、無農薬の野菜はもちろん基本的に安全です。ただ最近知人から聞いた話ですけど、この無農薬や低農薬農産物への関心の高さから、いままで普通に農薬を撒いていた慣行農法の農家さんが使用しているそうですし、家庭菜園で安易に使われているのが、いわゆる自然農薬と言われるものや民間伝承的な無登録の農薬を使用していて、とくに虫害...
Read More

〇〇農法 

うちの元研修生の中の一人が卒業後に、言葉は悪いけど某〇〇農法にはまってしまったようです。卒業後にどんなスタイルで営農しようが、それはもう本人の自由なので「そんな〇〇農法をするな!」とか否定する気は全くないけど、どうも信奉しすぎで本来あるべきことを見落としているように見えるのは気がかりだ。本人のブログ中に根菜の頭の部分をカットして水につけていると新芽が出てきて、それを〇〇農法の力だと言うのである。要...
Read More

食糧安全保障 

今日はちょっと小難しい話を。安全保障というと色々とありますね。軍事上の事、エネルギーの事、産業技術の事などなど、今回は人間食わなきゃ生きていけない、っつう事で食糧安全保障について。少し前のニュースで世界的に有名な経営コンサルタント大前健一氏が、農水省のお役人相手に話していたニュースが載っていました。詳しくはリンク先を読んでもらうとして、大前氏がお役人に「食糧安保と言うが、それはどんな状態だ?」と問...
Read More

耕作人のだから 

BT剤(天敵微生物由来の資材)を一部野菜に使用するということに、元研修生から電話がかかってきた。残念だと。ま、こう言うのは有って当然の一般的な感覚でしょうね。さて、僕が取引している、実際に野菜を使うお客さんからの感覚からするともう少し違うようです。優先順位順に書いていくと耕作人が作ってるから美味しいから安全だから  で、僕から野菜を買う主な理由はこんな感じらしいです。で、僕の今後の方向性は、お客さ...
Read More

BT剤使用(予定)のお知らせ 

BT剤と言う有機JASで認定されている微生物由来の農薬を今後使う予定ですので、安全性も含めて色々と書いていきたいと思います。まず使用するに至る経緯を書いていきます。10年ほど自然栽培による無農薬での挑戦をしてまいりましたが、特に今の時期に定植をするブロッコリー、カリフラワーなどアブラナ科の花蕾野菜に関して、今まで出来るだけ虫が少なくなる遅い時期にあたる9月15日以降に定植していました。しかしこの時...
Read More

味わいは心で理解する 

一部の慣行農業者、有機農業者、バイヤー、その他食に関わる人たちにこんな考えがあるようです。提案者のコラムとブログです。『美味しい』を数値に表したいそうです。背景には有機栽培や自然栽培の農業者が「美味しい美味しい」を連発するので、慣行農業者さんがそれは違うのではないか?と言う疑問を持っている事があるのかもしれません。農産物(植物)は有機質の肥料やらをあげても結局微生物などが無機質の栄養素にかえて成長...
Read More

はたして!? 

先日の化学肥料・化学農薬絡みの記事に対して、それらを使って農業をされている人からコメントをいただきました。「はたして有機や自然農法で十分に食料を提供できるのだろうか?」…と。戦前、化学肥料や化学農薬が発展していなかった頃、確かに収穫量は今の半分かそれ以下だったと思います。戦前と同じような栽培技術では、今の一億以上の人口を支える事はできないでしょうね。昔は全て人力(もしくは牛馬)でした。今はトラクタ...
Read More

初心 

飲食店さんをお取引先さまとしてお付き合いをしていると、ややもすれば味重視だったり、珍しい野菜を揃えてやろうとか、とかく営業面を目が行きがちになっちゃたりします。もちろんそれはそれで大事な要素なんですが、普段ついつい忘れがちになることがあります。お名前は控えさせてもらいますけど、fb内でのある消費者の一言より。『私たちの身体や活動は、私たちが食べた物で作られ支えられているのですから、食べることには味...
Read More

メリットを書けば良い!(じゃん?) 

最近見ている農業にまつわるブログで、化学肥料や化学農薬を使っている事が極悪人かのように思われているのが悔しいと書いてあるブログに出会った。農家の方ではなく、農業にまつわる仕事をしている人が書いている。その方は慣行農法、有機農業など両方に理解は示しているのだけど、読んでいる限りは慣行農法の肩を持つような文章が多い。ま、どちらの肩を持とうが構わないのだけど、その方へのコメントなどには当然慣行農法をなさ...
Read More

消費者目線で見れば 

最近某ブログをよく見ています。経営、作付け栽培管理、農業界の現状など、多岐にわたることが書いてあって非常に勉強になります。最近は食品の安全性について書かれています。なるほど!と思うこともたくさん書いてあり、これまた非常に勉強になりますが、こと農薬に対する考え方には非常に疑問を持ちながら見ています。大まかに書けば、世の中に絶対に危険ではないと言われる物はない。その方は新幹線や原発を例に取っていました...
Read More