「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

卒業 ~振り返って~ 

『あぐりーも』初の自然栽培農業研修・第一期生の大吉君が本日全日程を終了して、無事に研修を終えました。卒業に際して「あっという間の一年間」だったと振り返っていましたが、それは本人が一生懸命に過ごした証拠だと思います。彼は26歳と若く、社会人としてもまだ4年しか実社会で働いていなかった。だから甘い点が多々あって、よ~く注意をしたものです。農業技術云々で注意するより、社会人として甘いところを一番注意した...
Read More

市場相場見てる? 

第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。最近、他の自然栽培農家さんの出荷価格を調べてた。いやね、自分の出荷価格が適正なのか、ちょっと自信を揺らがせられる事があったので、他の自然栽培農家さんって一体どれくらいの価格で卸しているのか、農家さんにもう直球で値段を聞いてみたのです。ま、中には僕の卸価格と近かったりする農家さんもいる訳です...
Read More

ニンジンの発色時期 

そろそろ人参の播種時期。ここ愛知県の西部地域(昔の尾張地方)は、たいていの人がお盆を過ぎると種を蒔き始めます。でも僕はまだ蒔いていません。今日いつも行く農業資材屋さん(たまに種も購入する)のスタッフと話していたのだが、人参の栄養素の一つであるベータカロチンは、あのオレンジ色の色素に含まれていることは広く知られているが、播種時期によって色の出具合が大きく変わると聞いた。人参というのは発芽後だいたい2...
Read More

割高な安心農産物を購入する目に見えるメリット 

自然栽培に限らず、今は色々な栽培方法の農家が安心・安全を謳って消費者の健康にとって良い農産物を提供しようと躍起になっている。そう言った類の農産物は総じて一般の慣行農法の農産物より価格が高い設定になっている。健康に気を使い安全な食べ物を…としている消費者は積極的に購入してくれるけど、そうではないいくら安心安全を謳っても価格的にちょっと…という消費者というのが大半だと思う。安心安全で健康にも役立つといわ...
Read More

兵法 

「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」孫子の兵法にある有名な一節です。兵法はもちろん戦争と言う行為を如何に自陣に有利に持ってこれるかを説いている訳ですが、「彼を知り己を知れば」というのは商売の世界でも通用する名言だと思います。自分の商品を新規で売ろうとしても、当然同業他社など以前からの取引先や類似品が多く氾濫している。その他社と自社の製品を研究比較して、自社製品の方がどのように優れ、取引先にどの...
Read More

商売は難しい 

昨日残念で悔しい思いをした電話を貰った。ある人がせっかく立ち上げた会社を畳むとの連絡だった。立ち上げてまだ4ヶ月。立ち上げ当初の苦戦は予測していたし、本人も分かっていただろうが、おそらく本人が想像していた以上に大変だったのだろう。運転資金もギリギリになって、ストレスからか体調も崩し、ついに断念という訳だ。詳しい内情はそれ以上突っ込めなかったが、心底残念に思った。立ち上げて4ヶ月なら、まだまだこれか...
Read More

追い込み中 

第一期研修生の大吉君の研修も残り僅か2週間足らずになった。7月いっぱいですでに自身が管理していた農作物は撤去させたから、今自分自身のこちらの研修圃場での作業というのは秋冬野菜の育苗しかないから、特に頑張ってもらう事もないのだがそれでは寂しい(?)ので最後の追い込みとして、僕が行っている作業を全て任せている。つまり一町歩の面積をどのように管理していくかという事をさせている。今は夏野菜から秋冬野菜への移...
Read More

赤とんぼ 

どうも。一日中トラクターに乗っていたら、軽い熱中症なのか頭が痛くなった耕作人です。今日の最高気温は観測点で約38℃でしたから、炎天下の畑なら多分40℃くらいあったんじゃないだろうか?そんな暑い一日ですが、時折北風が吹き秋を感じることがあります。今日は夕方に赤とんぼが飛んでいるのを見たし。子供の頃の夏休みが終わってしまう哀愁(宿題の追い込みも)を思い出すけど、赤とんぼってトンボの中では一番好き。ほんと...
Read More

 

今、水について興味がある。 人間の体は約70%が水分なのだそうだが、野菜(植物)というのは約90%が水分で出来ている。 地球も約70%が水分だし。 自然栽培を行うときによく「肥毒を解消する」というが、僕は綺麗な水が行き来できる土壌環境を作ることではないかと考えている。 もちろん微生物の働きやその他にも色々な要素が絡み合って、自然栽培を行うに足りる綺麗な土作りを目指すのだが、野菜を構成する大部分が水であ...
Read More

厄年っすかね~? 

耕作人、現在41歳。そう、前厄の年です。何かにつけて裏目裏目に出る事が今年は多い。先日来愚痴っているナスもそうだし。ただいま秋冬野菜の種まきをしだしましたが、例年通りに蒔いているのに何故だか発芽率が悪いレタス類は次回3回目の蒔きなおし予定。そして「さ~ トラクターで畑を整地するぞ~!」と思った矢先に、先日の台風の影響の雨で畑に入れず、しかもなぜか中々乾かず、これまた畑にトラクターを入れれない。  ...
Read More

たぶんシンクイムシ注意報 

前回に引き続き虫ネタで・・・毎年この時期、アブラナ科類の育苗期や定植後に悩まされるシンクイムシ。シンクイムシの生態は「夏~秋が高温で雨の少ない年に大発生する」と言われています。今年はどうか???今のところ暑いし、雨も少ない。多分・・・大発生の予感・・・がする。。。ここ数年ブロッコリーとかは7月の下旬~8月初旬に種を蒔いていましたが、今年は思い切ってもっと遅くする予定。僕の畑の隣のお爺ちゃん農家(ブ...
Read More

6年目だけど一年生 

まずは・・・、写真を・・・今年のナスの状態です。先日も書いたテントウムシダマシによる食害です。今までも食害に遭い果実に傷を付けられたことはありますが、これほどまでの害に遭うこととは一度もありませんでした。なんせ今回の食害率は100%です。そもそもこの傷はテントウムシダマシの傷ではなく、風に揺られて支柱や枝などに表皮が当たってタマに出来るのかな?って思っていて、殆ど気にしていなかった位でしたから。葉...
Read More

ある日の研修の様子 

トラクターでサブソイラーを引いている研修の様子です。まずは不肖私め、耕作人がお手本を見せます。本研修生のyataが引っ張っているところ。飲み込みが早い方です。教え方が良いからか???プチ研修生で当園の紅一点が引っ張っているところ。女性でも当然トラクターに乗せますが、彼女は車の運転が苦手で、やっぱりトラクターの運転も苦手「オイオイ! 斜めに走っているぞー!」と僕に怒られながら頑張ってます。約1反2畝...
Read More

価格の付け方は難しい 

昨日3個だけだったがようやく早生冬瓜を京加茂さんに出荷した。リンクに張ってある市況を参考に価格を決めようと思っていたのだが、冬瓜の価格が空欄になっていた為、近くのスーパーで8分の1カットになっていた琉球冬瓜の価格を見に行き、そこから希少種である早生冬瓜の価値と自然栽培の価値をプラスして、あとはネットで販売している冬瓜の価格を参考に、最終的な卸値を決めてみた。いつも思うが価格を付けるというのは非常に...
Read More

一旦途切れると 

5年間欠かさず書き続けていた農作業日誌を、ここの所トンと書いていない。思い起こせば今年の5月に風邪を引き、そこから書いていない。作業日誌ははっちゃんと一緒に寝ている寝室にあって寝る前に備忘録代わりに書いていたのだが、5月に風邪を引いたときにららかんに風邪が移るといけないと寝室を追い出され、以来朝が早いこともあって別室で寝ているのだが、日誌をついつい新しい寝室に持ち運び忘れて、それいない書いていない...
Read More

第3期自然栽培研修生の募集開始! 

下記の第3期研修生の募集は2011年4月26日をもって終了いたしました。非農家出身で全く農作業の経験も無く、だけど農家になりたいと言う強い意志がある初心者向けで、タイトルにあるように第3期研修生の募集を開始いたします。当園での研修の一番のメリットは、就農時に農業委員会から問われる実績(売り上げ)を実際の数字を提示できる、または販売先(一軒のみ紹介)があると言う点です。こだわりの農産物を栽培しJAな...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。