「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

苦節3年 

畑がある地域では、今日は約10時間で60mmとかなり多い降水量がありました。傾斜がある畑では川が出来ていたし、ビニールハウスの中にも水が浸みて来て大変でした。当園のブログをこまめに読んでいる人なら思い出せるかもしれないが、元々田圃を造成して畑にした石コロだらけで、しかも結構強力な粘土質の第4圃場と言うのがある。こんな土の状態で10時間と言う比較的短時間で60mmもの降雨量があった日には、今までだっ...
Read More

目を輝かせて 

昨日の夕方にそろそろ帰宅しようかと育苗中の夏野菜の最終チェックをしていると、最年長のプチ研修生がフラッと顔を出しにきた。何でも畑と田圃が借りれたと言うことで報告しに来たのです。ついでに耕運機も購入したのだとか。僕より年上の研修生ですが、目を輝かせて嬉しそうにしていて、こちらも嬉しくなってきます。ただ、ちょいと農業機械に対する知識不足で、購入したのが所謂テーラーなのか、管理機なのかの区別がついていな...
Read More

ふっくらと 

少しずつ暖かい日が増えてきました。今日も耕耘機作業をすると、薄っすらと汗がにじみます。しかし思い返せば去年の猛残暑の後はいきなり冷んやりした気温になっちゃったり、その後は例年になく寒い日が続いたりで、いつも(と言うか成功した時)より成長が遅いと感じる野菜もある。ようやく蕾がふっくらとしてきた、カリフラワーロマネスコ。今まで収穫にたどり着けた時だと3月上旬には出荷を始めていた記憶があるが、二月の下旬...
Read More

スパッと 

今日の午前中、とある作業でぺティナイフを使っていたら、やってもうた。スパッと左中指先端をま、傷自体は大した事なかったけどドクドクと血が出てきまして、車に常備してあるバンソコを2枚巻いて止血しておきました。農業ってのは危険な道具をたくさん使います。草刈鎌や収穫鎌、刈り払い機、耕運機位の事故なら怪我ですみますが、トラクターを運転中に転倒してしまえば、最悪この世とお別れになってしまいます。車の事故もそう...
Read More

チーマディラーパの最後 

珍しいイタリア野菜が栽培されている所を見る機会は相当少ないと思う。それも最後の姿なんてのは。イタリア野菜で『チーマディラーパ』と言う野菜があります。菜の花に似ていますが、菜の花よりも苦味と香りがあり、オリーブオイルとの相性は抜群だ。で、そのチーマディラーパの意味はチーマ=蕾または天辺。ラーパ=蕪。日本語的に言えば西洋カブ菜って感じです。この意味を知っているイタリアンのシェフから聞かれるのが「根元っ...
Read More

練習 

先日新しいトラクターを買った訳だけど、端境期に突入して収入が希薄なのでガソリン代をケチって、時期が来るまでトラクターに乗るのを控えています。しかし地主の婆ちゃんから「にーちゃん、ここ(地主さんは管理している所)トラクターで捌いてくれんか?」と言われていたので、練習も兼ねながら耕しにいきました。今までの全手動トラクターと違って、ターンしようとするとロータリーが自動に上がるし、バックギアに入れても自動...
Read More

特別栽培って書いてあるけど?? 

子供の為に安全な野菜を!って思っているお母さん方はたくさんいらっしゃると思う。食卓に上る全ての野菜を無農薬にするってのは難しい、もしくはネットなどを探し回る手間が必要でしょうけど、少しでも安全な野菜で食事を取らせたいと思うのは当然の親心。しかしスーパーで買ったり、通販で買ったりしても、「特別栽培」とか書いてある野菜が並んでいることがないだろうか?『特別栽培』。。。。。ん~、何だか読んでのごとく特別...
Read More

知らぬは本人ばかり 

ふふ( ̄ー ̄)ニヤリ「知らぬは本人ばかり」という言葉があるけど、今日はまさにそんな事を経験した。先日結婚式を終えた当園研修の第一期卒業生の大吉君。ブログをチ~~~~~ッとも更新せず、師匠としては嫁さんもらってホンマにこいつは何を考えトンじゃ?とイライラしていた。僕なんか新規就農したての頃は、それこそ毎月20回以上は必ず更新して名前を売って(?)いた。ブログを更新しないという事はアクセス数もどんどん減...
Read More

自然栽培露地農家的な旬 

旬の野菜にどれだけ拘っているでしょうか?もちろん全ての食事で旬の野菜を色取れれば最高だけど、実際にはそうはならない。そうは成らないけど出来るだけ旬の野菜を取る事を勧めたい。一般には出回らないかも知れないが、飲食業界では本来5月頃が旬の竹の子がお正月前に出回る。飲食業界は他店より少しでも早く旬の食材を仕入れて、お客さんへ他店との差別化をPRしようと頑張ってきたのだが、その結果が上記の竹の子のように本...
Read More

超抜大根 

競艇で勝率が多いモーターの事を超抜モーターと言います。あ、競艇は一回も見たことがありませんが、漫画のモンキーターンは面白くて読みました。超抜大根自家採種するために残しておいた、超選抜大根たち。特に左から2番目の大根は長さ1m弱で、太さも15cm弱はあろうかと言う超特大サイズ。比較対象に置いてあるシャベルの長さと比べても遜色がないのがお分かりだろうか?話が逸れますが豆知識としてシャベルとスコップの違...
Read More

そろそろ本気出ソ! 

端境期も迫りまくって、いよいよ畑の中が空っぽ状態になってきた。ひやひやの2月。苦し紛れの3月。そして完全お休み4月。これを乗り切るとGW過ぎからの春の豆類が収穫を向かえ、全店に出荷できるほどの本格的な出荷の時期が始まるのだが、それまで毎年収入が途切れてしまう。出荷がずっと続くと夏野菜の準備が間に合わなくなってしまうから、端境期も必要って言えば必要なんですが、やっぱり収入が無いのは精神的にも余りよく...
Read More

寒い中を頑張ってます 

本日名古屋は2時位から水分を多く含んだ、いわゆるボタン雪が降り始めました。積もりはしないだろうが、今冬に入って4回目くらいの降雪だろうか?僕が農業を始めてから最多の降雪日数だ。そんな寒い中、頑張ってます。この子達 ナスがかなり発芽してきました。只今70%程度の発芽率。そしてレタスの発芽率は順調で90%程度。トマト、ピーマンは殆ど発芽の兆しを見せていませんが、ピーマンは少しだけ。真ん中のアーチ状の芽...
Read More

味覚を鍛える 

味覚を鍛えるとは?字を読んだごとく『味を覚える』、すなわち味の記憶力のことだ。農家といえど、口にいれる物を作っている以上、味覚を鍛える必要があると思う。例えば今冬の大根と昨冬の大根では、同じ品種でありながらまったく味が違う。畑の土壌条件の違いもあるけど、やはり今冬の寒さが味の違いを大きくする原因だ。一番古いお客さんであるリストランテエストさんは、毎年うちの大根を調理してくれているので、今冬の大根の...
Read More

やっぱ小さいかな~ 

先週に見た季節予報じゃ2月の中旬は例年より暖かい予報でしたが、蓋を開けてみりゃ寒い日が続きます。今日の午前中には解けてしまいましたが、昨日は畑も薄っすらと雪化粧してましたし、今日は午後から北風がビュービュー吹いてめちゃくちゃ肌寒いですし。余りにも寒い日が多いので、例年に比べれば春から初夏にかけて収穫する為に栽培中の野菜の生育も遅いような気がしています。愛知県の伝統野菜の一つ「愛知白玉ねぎ」フランス...
Read More

テーマソングにしても良いですか? 

本日ど~~~でも良い話。Youtubeで何気に見て以来、2歳の息子がAKB48の「会いたかった」を気に入っている。僕自身普段AKBの曲を好んで聴くことは無いが、息子と一緒で一曲だけ気に入っている曲がある。それがコレ。当園のテーマソングにしたいくらい。野菜のコスチュームが可愛いかも?ま、当園ってより全ての野菜農家のテーマソングでも良いですけど。この曲も息子は気に入っていて、二人で「あ! トマト~!」とか言...
Read More

研修先を選ぶ基準をどこにおきますか? 

無農薬である自然栽培で悩まされる一つが虫害だ。徐々に少なくなると言われているが、去年の夏のように酷暑の時には異常発生する場合があるし、自然栽培に対応できる土になりきっていないような土であれば、頻繁に虫害は発生する。特に毎年のように悩まされているのが、冬場にブロッコリーなどを収穫しようと夏場に種を蒔き、秋口に畑に定植してからの虫害だ。アブラナ科の野菜にはさまざまな虫が寄ってくる。シンクイ虫にネキリ虫...
Read More

さよならトラクター 

前回書いた新しいトラクターと入れ替わりに、今まで2年半くらいお世話になったトラクターが旅立っていった。少し前にブログで近隣の新規就農者向けに「格安でトラクター&サブソイラを買いませんか?」と書いていたのだが、同じ知多地域で新規就農することになった方に買って頂いたのだ。トラクターの知識がほとんど無い時に買ったトラクターだが、良い所も悪い所も勉強させてもらったトラクター。買った端からミスである部品を曲...
Read More

第6弾!! 

大トリを勤める第6弾の農業機械は、もちろん一番高額品。トラクターです。クボタのKT235(23馬力)。馬力こそ今までもっていたトラクターと同じですが、4駆になったことで牽引力が増して、前回写真を載せた2連のプラソイラを引っ張る事が出来るようになります。色々な機能のマイコン制御盤があります。自動でロータリーの昇降が出来たり、水平モンローと言って特に水田での均平を保つ為の機能などがあります。畑でも傾斜...
Read More

第4~5弾!! 

畑を広げるには農業機械の充実。年齢による体力の低下を補うのも農業機械の充実。と言う事で、農業機械を揃えだしている今回は4~5弾目。倉庫に仕舞った後の画像だから暗いけど、サブソイラからプラソイラに買い換えました。サブソイラは排水性を良くする為に土の中を切っていくアタッチメントですが、プラソイラは排水性の向上+部分的に天地返しをすることが出来ます。ボードの白い部分が取り外せれるのですが、天地返しをした...
Read More

プチ研修生の募集を再開します。 

2011年3月27日をもって、本プチ研修の募集は終了いたしました。今プチ研修生は3名いますが、内2名が3~4月にかけて卒業をする予定なので、新たにプチ研修生の募集を再開しようかと思います。こんな ↓ 方が対象です。今現在会社に勤務はしているが、将来農家に独立転進したいと思っている人は大勢いると思います。研修を受けたり、あるいは農業法人などに就職して、農業を肌身で感じたい。でも結婚していたり、子供が...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。