「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

ちょうど3年ずつ位経ちました 

農業界に身を置き出して7年目に突入しましましたが、という事は6年間を過ごしてきた事になります。前半分は不耕起栽培をし、残り半分はトラクターを使い耕起栽培をするようになりました。ちょうど半分ずつを過ごしたことで、不耕起栽培、耕起栽培に関して感じた事を書いてみようと思います。不耕起栽培から耕起栽培に切り替えた当初の事と、今現在の事を比較しながらを正直に書きましょう。まず味に関して当初は不耕起栽培の時の...
Read More

さくらさく 

昨日3月27日に名古屋気象台にある桜の標準木が開花をしたそうで、平年より1日早く、昨年より9日遅い観測なんだそうです。桜の開花予想は過去の開花日や平均気温、その年の気温の状況や予想などのデータを元に、前年秋からの平均気温の積算値を考慮した方法で算出されるのだそうですが、今年は肌寒いと思っていたのですが、実は平年値とそれほど変わらないんですね。確か昔から言われている事だったとの記憶があるが、桜が咲き...
Read More

プチ農業研修募集終了です 

定員に達した為、本日付でサラリーマンのための毎週一日のみ参加のプチ農業研修の募集を終了いたします。但し、引き続き本格的な農業研修生の受付は致しております。愛知県で自然栽培を学びたい方は遠慮なくお問い合わせ下さい。第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。...
Read More

待ち遠しい 

原発絡みの農産物のニュースが非常に気になっている。決して風評に流されず、出来るだけ事実を把握しながら購買につなげたいです。 (端境期で畑の野菜は品薄のため。)その端境期を打開するトップバッターになるであろう、待ち遠しいのがこちら達。愛知の伝統野菜『愛知白玉ねぎ』。この写真は一番大きそうな物を選んで撮ったけど、玉の直径はただいま3cmと言ったところか?周りの慣行農法のお百姓さんの早生玉ねぎなんかは収...
Read More

今年もポロねぎ 

昨年から今冬にかけて初めて気合を入れて栽培したポロねぎ。試験栽培的な面もあり栽培数は少なかったが、試験的に出荷した先のウケが結構よかったので、今年もポロねぎを栽培することにした。数量も去年の3倍を予定している。蒔いた時期が良かったのか、昨年より早い日数で発芽を開始して、幸先の良さを何処となく感じる。ポロねぎにも品種が何種類かあるが、僕が栽培している品種は○○○と秘密今冬に試験的栽培をし、収穫に至った...
Read More

夏の3大野菜(育苗中) 

夏に一番たくさん作る野菜はこの3品目だ。トマトナスピーマン畑から採取した土と、こだわりの堆肥屋さんが作った植物性堆肥を混ぜた自家製の育苗土のため、雑草が生えてきます。ちなみにこの堆肥は野晒しにすること4年も経っているので、肥効もないだろう。 (植物性堆肥なのでもともと肥効は少ないと思われる)肥効を期待して使うのではなく、育苗ポット内の水捌けをよくする為に使用している。なす・トマト・ピーマンはそれぞ...
Read More

穏やかな一日 

愛知県東海市にある新日鉄にて、震災被害者への救援物資の募集があったので、昨日ららかんのお店の在庫(と言っても勿論新品ですよ)の服を大量に持っていった。本当は31日までの募集のようであったがこの3連休に予定数量を軽く上回ったそうで、募集は一旦打ち止めになったようだ。会場には多くの物資が山済みされていて、この地区でも関心の大きさが見て取れる。ちなみ名古屋にある中京TVが取材に来ていて、ららかんがインタ...
Read More

この差はどこから? 

今期初めて栽培する野菜に『うすい豆』がある。うすい=薄い?グリーンピースの類似の野菜だが、莢の色がグリーンピースより薄いので「うすい豆」とよばれるのかと思っていたが、由来を調べると明治時代にアメリカから入ってきた実えんどうが、大阪府羽曳野市碓井(おおさかふ はびきのし うすい)で、栽培されたのがうすいえんどうの名前の由来になっています。だから漢字で書く場合は『碓井豆』と書くべきなんでしょうね。最近はど...
Read More

日給50銭!? 

一番早く蒔き始めるナス・トマト・ピーマンの小さな小さな苗を大き目のポットに、予定数の全てを移植し終えることができました。今冬の寒さで蒔き始めの頃は中々発芽せずに、今年もまた何回も蒔き直しかいな?とイライラしていたのですが、去年よりも少ない蒔き直し回数で終わらせることが出来てホッとしています。と同時に、発芽時にはハウス内の温度管理にめちゃくちゃ気を使って、毎日毎時のチェックを欠かせず休みを取れていな...
Read More

精一杯 

ここ数日ブログを書き出しては途中で止めてしまっている。本来このブログは農業の楽しい事や嬉しい事、時には苦労話も書いて、農業と自然栽培の素晴らしさを伝えようとしているのだけど、今回の震災による被災者の心情を思うと、楽しいことが書き辛く、いつも途中で消してしまっていた。何を書いても被災者の方々には陳腐に写ってしまうのではないかと感じています。結局のところ僕のように小っぽけな存在では、心ばかりの義援金を...
Read More

良いけど残酷かも? 

本日写真いっぱいで行きます。購入してから1カ月が経ちましたが、本日初めてモアを使って見ました。機種は三菱MFM58です。今日は2か所ほどの草刈りです。まず1ヵ所目は1反弱の面積。ほとんど枯れ草ですけど、奥の方に自然生えの野菜が花を咲かせています。1反弱の広さを刈り取り時間は50分くらい。刈り払い機より断然早いです。6馬力の小さな機種ですけど、仕事はしっかりしてくれます。もう一か所はチーマディラーパ...
Read More

大地震のツメ痕 

地震・津波・その他の被害にあった方々には、心からお悔やみ、お見舞いを申し上げます。が、やはり特に同じ職業として、被害に遭われた農家さんには何と申し上げて良いかも分かりません。田畑に津波が押し寄せ、ビニールハウスやいろんな物が津波にのみ込まれて行くニュースを見ました。かなりショッキングな画でした。もちろんあの映像や津波による水害だけではなく、恐らくひび割れなども起きて潰れてしまった田畑も各地であるの...
Read More

今年も無事に 

個人農家と言えども経営者ですので、この年度末は数字とニラめっこしなきゃいけません。そう、お上に税金を納めるかどうか決める確定申告。先日の月曜日は雨が降りましたので農作業はほぼお休み。と言うことで、確定申告に行ってまいりました。数字の公表はしませんが、とりあえず今年も●字になり、無事にお上に税金を納めることになりました。納税は国民の義務です。普段世の中の役に余りたっていませんから、税金くらいは払わな...
Read More

タルディーボ栽培の極意 

極意・・・と言うのは大げさだけど、今冬初めて栽培するタルディーボの栽培方法がかなり分かってきた。すんません。かなりピンぼけ写真になっていたので、また後日取り直してきますが、只今はこんな感じになっています。芯の白い部分と葉の赤がハッキリと別れて、かなり綺麗に仕上がってきたと思います。出荷し始めの頃はもっと不細工だったので、希望していた単価を頂くのが気が引けて値下げしての販売でしたが、これくらいのレベ...
Read More

根量 

自然栽培。有機栽培との最大の違いは無肥料・無堆肥であり、人為的に外部から土壌改良剤やそれに順ずるものを投入しないことにある。よく聞かれることだが畑から野菜を収穫してしまったら養分が吸収されマイナスの方向ばかりに向かってしまい、やがては痩せ地になっていくのではないか?と。地上部だけ見ていれば確かにそう感じんでもない。特に大根とかニンジンは根に当たる部分を食するわけで、トマトやナスのように茎葉を畑に残...
Read More

和食は外国産? 

耕作人は歴史が好きです。中でも日本史に関しては中学・高校と常に学年のトップクラス、もしくはトップでした。そんな理由もあって、イタリア野菜はもちろん、日本の野菜に関しても愛知県の伝統野菜を中心に、伝統種と言われる歴史ある品種を積極的に作っています。中でも歴史的に自慢したい野菜は愛知伝統野菜の「宮重大根」。一説によると鎌倉時代から栽培されていて、今日出回っている青首大根の元になった品種らしく、正しく『...
Read More

焦りと楽しみと 

予想以上の今冬の寒さでなかなか発芽しなかったトマト・ナス・ピーマンも、ほぼ予定していた数の発芽が見込まれてきた。栽培する予定数は去年と同じ(去年は目標数に届かなかった)、トマト・ナス・ピーマンの3品目だけで1,800株。すでにナスは全株大きい育苗ポットへの移植も完了した。今年はかなり早い時期から準備を進めてきているので、ポットの土詰めも残りわずかになり、本来なら余裕があるはずなんだけど、準備ばかり...
Read More

蛍の歌を思い出した 

ほーほー 蛍来いあっちの水は苦いぞ~こっちの水は甘いぞ~♪山奥の清流を飲んでみると、水って確かに色々な味がある。甘かったり、ただ単に無味で埃ぽかったり、苦いってのは経験したことないけど。実は畑の土にも味がある。私、土の状態をチェックするために時々口に含みます。でこの前、舐めるつもりはなかったんだけど手についた土を偶然口に入れてしまった。ジャリ、ウゲ! ペッペッ!と吐いたのですが、「あり? なんか甘い...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。