「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

TV取材に思う、喋りの下手さ 

先回のブログでちょっぴりだけ書きましたが、昨日TVの取材を受けました。撮り終えて思ったことは「俺って話し下手」ってこと。受け答え中、当然自然栽培ってどんな方法で野菜を育てていくかを聞かれるわけですけど、上手くまとめて受け答えが出来ないんですね。ニュース番組の中の特集での取材でしたが、実際の放映時間は恐らく数分しかないでしょう。その短い時間の中で自然栽培に興味がない人に興味を持たせるような、分かりや...
Read More

ジャガイモ掘りほり 

いや~~~~~~、暑い暑い今日で8日連続30度オーバーの夏日&真夏日が続いています。この時期で35度を超える日が続くのは20年前以来とのこと。水分補給&日中の無理な作業は厳禁ですな。さて、この8日間はたいした雨も降っておらず、畑も良い感じの乾き具合なので、ジャガイモを掘り始めました。掘り始めたと言っても、僕が、ではなくて研修生にせっせと手作業で掘らせています。ジャガイモ掘り取り機はあるけど、これは...
Read More

畑の様子11/6/26 

今年は野菜の進捗状況をあまり載せるつもりはなかったのだけど、一部お客様からリクエストがあったのでちょっとだけ載せます。カボチャ。姿形はごくごく普通のカボチャでしかもF1種ですが、品種にこだわりアリ!!ただいまの直径20cm弱くらい。あと2週間くらいで収穫。その後追熟で2週間。出荷は約1ヵ月後くらいから。加茂なす。デビュー当時の長澤まさみが自分のヘアースタイルを茄子カットだと言っていたが、正にそんな...
Read More

今年も防鳥ネット 

鳥害によって全滅させられた2年前の悪夢を防ぐ為に、今年もトウモロコシに防鳥ネットを掛けました。病害虫は土作りで何とかなるかも知れないけど、鳥害(獣害)はネットなどで物理的に防ぐしか無いと思っています。ちなみにカインズホームで購入。25m×9mの50坪サイズを3本使用で、約1,900円の経費がかかりました。 (本当は2本で足りるんだろうけど、広げ方が下手糞なんで3本使ってしまった。)ネットに覆われた...
Read More

勝手に改名 

この夏に栽培している愛知県の伝統野菜は3つ。愛知青大胡瓜愛知本長ナス八名丸里芋しかし栽培し始めた頃から、ずっと違和感があるんです。伝統野菜と名は付いているが、どうも歴史を感じない。上記のように愛知○○と名が付いているわけだけど、愛知県など都道府県制が制定されてから130年位しか経っていない訳で、例えば京野菜、加賀野菜、江戸野菜などの近現代ではない古代から江戸時代までの呼び名が付いていないから歴史・伝...
Read More

ブールブリッコさん 

真夏並みの暑さのこの3日間。朝7時頃にはすでに汗だくになってしまいます。さてそんな汗だくの結晶(?)の『あぐりーも野菜』が、また新たなお取引先に旅立っていきました。東区のイタリアン『ブールブリッコ』さん。新規のお取引再開後すぐにお問い合わせがあり、野菜ソムリエの資格をお持ちのシェフが自ら畑を訪ねていただきました。こちらのシェフはまだお若い方ですが、スッキリとした後味の自然栽培野菜の味の特徴をすぐに理...
Read More

愛知本長ナス 

イタリア野菜も力は入れているが、愛知の伝統野菜にも力を入れている『自然農園あぐりーも』。ほとんどの愛知県民が知らないと思うが、愛知県には35種類の伝統野菜がある。だから今日のスレッドテーマは「名古屋・愛知」の地域情報にさせてもらった。愛知県には本長なすと天狗ナスと言う地ナスがあるが、味・香り・実用性の面で当園では『愛知本長ナス』を栽培している。 (カメラのレンズが若干クモっていたようで。。。)僕の...
Read More

いよいよ決定か!! 

今年で7年目になる我が『自然農園あぐりーも』。トマトを作るのも今年で7回目になる。過去にはサンマルツァーノやフィオレンティーナ、ボルケーノと言ったイタリアントマトを作ってみたり、愛知県の伝統野菜ファーストトマトを作ってみたり、国産調理用トマトのにたきこま、昔ながらの米寿など、色々なトマトを試してきた。しかしどれもこれも、しっくりとは来なかった。ファーストトマトに関しては水さえ与えなければ理想の味に...
Read More

今年は不調かも? 

ズッキーニと同じ畑で栽培しているキュウリに、ようやく赤ちゃんキュウリを発見した。イタリア野菜やトマトの品種と違ってこちらは大いに公開してしまいます。愛知県の伝統野菜『愛知青大キュウリ』です。青大きゅうりは白いぼ系の太胡瓜で,大正時代から自然交雑により継続的に栽培されている地元の伝統野菜です。果重は大きいものは1kgにもなり,果肉は厚いのですがやわらかく,食味,日持ちがよい特徴がある太胡瓜です。太い...
Read More

目標達成!! 

美味しい野菜は出来ても自然栽培では収穫量が上がらない……と言うのはよく聞くことだ。果たしてそうだろうか?メジャーな所では木村さんなど成功者は沢山いる。お米にしても慣行農法と変わらない収穫量を上げる農家さんもいるし、野菜に関してもまったく遜色ない収穫量を上げている諸先輩は沢山いる。今年、確かに栽培本数が増えた事もあるが、ズッキーニに関しては過去最高の収穫量を得ている。今週分の収穫量は、約300本の株か...
Read More

野菜の花 

秋冬野菜は種を蒔いて育っていくとそのまま収穫にいたって、収穫しないものが花を咲かすから、花をみたかったら収穫せずに置いておかなければいけないが、夏野菜は花が咲いてから結実するから、夏の畑には花がいっぱい咲いている。花を愛でるような愛らしい性格ではないから、これが食い物に変わると思うと嬉しくなってきてしまいます。ちょっと分かり辛いがトウモロコシの雄花(雄しべ)です。台風2号の翌日の強風でほぼ全ての株...
Read More

晴れの日、雨の日 

毎日の朝一はズッキーニの受粉がお仕事の耕作人です。半開きトンネルの ↓おかげで雨の日も花粉が濡れず、毎日人工授粉ができます。露地で、しかもこの梅雨時のズッキーニの栽培にはかなり有効です。ところでここ数日ズッキーニの収穫量が微妙に少ない。先週の金曜日なんか1日で9kgほど収穫できたのですが、以降の雨が降ったり曇りがちの日が続いたここ数日は、半分か3分の1程度になってしまった。 (今年は小ぶりなサイズ...
Read More

研修生の見学 

今、当園には3期研修生と、プチ研修生が数名いますが、雨でろくに農作業が出来ない絶好(?)の日和に、恒例(?)となった他園への研修見学を行いました。第一期研修生の大吉君が独立した浜松の地へ。目的は3つ。1つ目は現研修生の為に、就農1年目の農家がどうした行いをしているかを直に見せる事。これはある程度軌道に乗ってしまった『あぐりーも』ばかりを見ているんじゃなくて、就農1年目とはどんな苦労や喜びを持って農作...
Read More

減って増えました 

ズッキーニがかなり好調になる予感が漂っている耕作人です。毎度どもです。当園には今7箇所の畑があります。1箇所で2反以上の畑もあれば1反にも満たない小さな畑もありますが、ズッキーニの好調とは裏腹に、就農2年目から手を加え続けた畑を1箇所手放すことになってしまいました。砂地の畑で非常に扱いやすく、灌漑設備もあるいわゆる優良農地だったのですが、売られていってしまいます。しかし優良農地とはいえ面積は150...
Read More

畝間の雑草 

先日の大雨(台風2号がきてた時)以来の天候不順でなかなか畑が乾かない。乾かないと耕耘機やらトラクターでの手抜き雑草処理が出来ず、もちろん刈払い機でも草は刈れるがマルチの際はどうしても刈り辛く、例年この梅雨時に雑草を伸ばしてしまう結果になり、夏野菜が終わる頃にはマルチの上面が雑草に覆われてしまったなんてことが、例年のパターンです。今年も梅雨の雨で雑草は元気に伸びまくり!しか~~~~~し!!である。今...
Read More

こっそりと再開 

本日続けて2本目。数日前にこっそりとブログプロフィール欄の一部を書き換えました。本文に書いてしまうとこっそりとはなりませんが。。。。。自然栽培の野菜にご興味をいただいている飲食店さんは沢山いらっしゃると思いますが、当園しばらくの間、新規のお取引をお休みさせていただいておりましたが、6月より新たなお取引希望の受付を再開させていただきました。ご存知(?)の通り、当園ではイタリア野菜と愛知の伝統野菜を中心...
Read More

ズッキーニ 

相変わらずバタバタと貧乏暇なしの耕作人です。毎度、どもです。春の端境期が終わり初夏の豆類の出荷も終わってしまうと、初夏と夏の中間であまり収穫するものが無いプチ端境期とも言うべく6月がやってきます。4月の端境期は完全に何も無いので大手を振って(?)出荷停止を告知できるのですが、6月のプチ端境期はタマネギなど中途半端に収穫するものがあったりするから、納品を待っているお客さんにはかえって申し訳が無い時期で...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。