「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

復活~! 

昨秋ダイコンハムシと言う害虫に食われまくった葉野菜に、青梗菜と愛知県の伝統野菜「大高菜」があります。生育中期にガンガンに食われて見るも無残な姿になっていたのですが、ここにきて復活してきました。外葉はいまだ見るも無残な姿ですが、放ったらかしにしていた中心部から綺麗な新葉が復活してきたのです。じつはこんな風に復活する予感はしていたので、そのまま放置していました。味も上々です。ただ綺麗な状態にして出荷す...
Read More

家庭菜園用機械でも 

規模は家庭菜園ながらある目的で一生懸命に自然栽培に取り組んでいる方から、「最近野菜が育たなくなってきたと」相談されました。化学肥料はもちろん、堆肥さえも施肥しない自然栽培なら当たり前との声が聞こえてきそうですが、「じゃあ、僕の場合は野菜採れてるけど、どう説明する?」と聞きたくなります。さて上記の方の畑の使用状況を聞いてみると、家庭菜園用の小さな耕運機で畑を耕して作付けをしているそうです。自然栽培や...
Read More

1回5万円が目安 

すみません。同じようなネタを書いていた人のブログに触発されて、今回は書いて見ます。 (まねしてゴメンなさい)新規就農で農業やるは良いけど、実際にいくらくらい売ったら良いか不安になる人は大勢いると思います。売り先の確保が出来ている云々の話は度外視するとして、うちのように野菜を多品種少量栽培している農家の一回(1日駆けずり回って)の収穫量としては5万円前後が目安になると思います。例を挙げてみると朝8時...
Read More

慣行農法も一つの手段 

うちでもどこでも良いのだが、例えばどこかで有機や自然栽培農家で農業研修を受けて、いざ独立となって真っ先に壁にブチ当たるのが売り先なんじゃないだろうか?独身者での就農ならばある意味気楽なところもあるが、これが妻子持ちなんてなったらプレッシャーは凄いはず。僕がよく読んでいるブログの投稿者さんへの反論みたいな感じの今回はネタなので心苦しいが、ちょっと僕なりの考え方を書いてみたいと思う。そのブログには簡単...
Read More

予定通りいけます 

今年予定通りの栽培計画を行うために最大の懸案だった問題が本日解消されました。ここ2年ほど失敗しているカボチャ作り。これは土の状態が自然栽培するのにはまだ早すぎる、と言うより野菜を栽培すること自体が早すぎる状態の畑だと言うのが主な原因で、おこがましいが僕が下手くそだからとかじゃない。その懸案を手っ取り早く解決するには新しい畑を見つけるしかない!って事で昨年末から探していたのですが、前々から候補にして...
Read More

久々に書きましょう! 

約3日にわたって雨が降ってくれたおかげで、畑はすっかり潤いを戻しました。戻しすぎて予定をしていた育苗準備に若干の遅れが出そうですが、まだ許容の範囲内。さて、数年前には時に触れ書いていました栽培予定。いまはさる事情から書いていませんでしたが、お客さんからの要望もあり久しぶりに書いてみます。 (但し、品種名までは書きません。 極小農家ながら一応企業秘密扱いですので。)イタリア野菜ルッコラ類      ...
Read More

3℃維持 

購入後、さっそくこいつ ↓ の燃焼効果実験をしました。結論から言うとタイトルにあるように外気温より3℃高い温度を維持していたようです。YK-2のカタログデーターだと10坪のハウスに対して、一台で外気温に比べて3~4℃の保温が出来ると書いてある。僕のハウスは20坪のハウスなので、カタログデーターからすればマアマアの保温効果を維持できたことになります。とは言え、今日の外気温は6℃と比較的暖かい朝を迎えたの...
Read More

新兵器!…となるか? 

1月も下旬に突入。いよいよ夏野菜の種蒔きの本格準備に取り掛かる時期に差しかかってきた。しかし毎年悩まされるのが、本来なら最低でも夜間に10℃程度は必要な夏野菜の発芽適温に程遠いこの時期に、夏野菜の種を蒔いて発芽させようというのだから、どだい無理がある。それでもこの寒い頃に発芽をさせて育苗をしなければ、梅雨明け頃の出荷が開始できない辛さがある。電源が近くにあるならば育苗用の温床マットを敷くことも出来...
Read More

 

昨夜約3週間ぶりに地面に水溜りができる程度の雨が降りました。冬野菜は夏野菜と違って水遣りに対してそれほど気を使うことはないけど、それでも3週間降らないとさすがに畝の表面は固くなってくるし、大根やニンジンを引っこ抜くにも一苦労したりします。また一部成長途中のブロッコリーなどもあるので、雨が降らないと中々大きな蕾にならなかったり、葉野菜も元気がなかったりする。今年は珍しく周りの慣行農法の農家さんも畝間...
Read More

メールあれこれ 

重なるときは重なるもので、半年以上とんと無かった研修への問い合わせをここ数週間で何件かいただいた。会社なんかの就職試験(面接)などで実際に面接を始める前から面接は始まっているというけど、問い合わせのメールをもらった時点で、最近は「あ~、この人はこんな感じの人なんだろう。」と想像できるようになってきて、実際に会うとやはりそうだったと言う場合がある。最近いただいた問い合わせで久々に気持ちよかった物もあ...
Read More

60時間と100時間 

新しいトラクターを買ってから、もうすぐ1年が経とうとしています。トラクターに乗ったことがない人(農家以外は乗る機会はないと思うので大部分の人)は知らないと思うけど、トラクターのメーターには走行距離という物がありません。代わりにあるのがアワーメーター。距離ではなく走行時間を表示するメーターがあります。この1年で約60時間ほどトラクターを走らせました。1町歩の畑の走行時間としては少し多いと思います。そ...
Read More

一部公表 

最近はあまり公表していないけど、一部だけ今夏の栽培品を書いて見ます。愛知の伝統野菜愛知(尾張)本長ナス愛知(尾張)青大きゅうり十六ささげ早生冬瓜そして晩春から初夏への収穫に向けて栽培中の愛知白玉ねぎ知多3号玉ねぎ今年はスペースと人的労力不足のために八名丸サトイモは中止の方向で考え中。ここ2年は夏の少雨のためにあまり収穫できていないし。。。今年はお取引いただく飲食店さんに和食屋さんが増えたので、和食屋...
Read More

おりょりょ!? 

先日畑から帰宅すると、ららかんが何やら僕の方に突き出してきました。よく見ると・・・おりょりょ!?サユールイトシロさんのかぶら漬けではないですか!サユールイトシロさんも僕と同じような時期から自然栽培を始めた農家仲間のお一人で、ついでに同い年で、お互いに似たような悩みもあり、また僕より大きな規模で作付けをしているので何かと参考にもさせていただいている。さてこの石徹白かぶら漬け、名古屋の星が丘にある「コ...
Read More

新規お取引3軒ご紹介 

出荷量としてはもうかなり一杯一杯なのですが、新たにお取引先様が3軒増えるのでご紹介します。1軒目は名古屋は矢場町にある観光スポットの「ランの館」内の『ザ・オーキッドルーム』さん。フレンチ主体のレストラン。店内はゆったりとした席の配置に蝋燭が灯り、ゆっくりと大人の時間を過ごせるお店作りになっています。シェフもフランス修行の経験があって、意欲的に料理道への探求をかかしていません。第一回目の納品も済ませ...
Read More

歯磨き 

仕事にかかわる健康のことで気をつけていることってないでしょうか?僕の場合のいろいろ有るけど、一例として歯磨き。食べ物を扱う仕事である農業。特に大量生産で農薬や化学肥料をバンバン撒いているわけではなく、味にこだわりを持った自然栽培品で、尚且つお取引先が飲食店さんという事もあって、自身の味覚の維持に気を付けている。毎年毎年野菜の味は微妙に違うし、その味を覚えていないといけない。例えば今年は去年と違うが...
Read More

ゆれる心 

初出荷に赴いた得意先のイタリアンさんで予てから興味があった野菜を頂いた。まだ食していないが、この野菜はイタリアだけでなくヨーロッパ圏では古き良き伝統野菜として知られている。第二次大戦以降は田舎の古臭い野菜として廃れたしまったようだが、今は効能などその良さが見直されて特にフランスなどではよく食されているようだ。大戦以降の一時期に日本にも輸入され栽培もされていたようだが、日本人には馴染まなかったのか今...
Read More

仕事始め 

二日酔いの頭の痛~い目覚めとともに、今年の仕事を始めた耕作人です。明けましておめでとうございますいやはや初っ端からこんな出だしですみません。昨夜、某有名銘柄の久○田の本醸造(醸造アルコールが25%以内)千○を飲んだらこの様です。でも僕が弱いんじゃないですよ。同じ量の純米酒なら二日酔いにはならないですから、醸造アルコール(食用エチルアルコール)を添加した酒造りが悪いんです・・・多分。。。さて仕事始めと...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。