「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

はたして!? 

先日の化学肥料・化学農薬絡みの記事に対して、それらを使って農業をされている人からコメントをいただきました。「はたして有機や自然農法で十分に食料を提供できるのだろうか?」…と。戦前、化学肥料や化学農薬が発展していなかった頃、確かに収穫量は今の半分かそれ以下だったと思います。戦前と同じような栽培技術では、今の一億以上の人口を支える事はできないでしょうね。昔は全て人力(もしくは牛馬)でした。今はトラクタ...
Read More

今年のテーマは安定出荷一本 

取りあえず例年通りの時期に種ジャガの植え付けがホッとしている耕作人です。毎度どうも。今年も端境期を迎える時期が近づいてきました。確定申告用の計算はまだ終わってないので去年より売り上げあるかどうか分かっていませんが、たぶん有るでしょう。お客様に感謝です。売り上げが上がった要因・・・毎年のテーマ安定出荷もありますが、面積を広げた事の理由のほうが大きいと思います。毎年毎年テーマを決めて栽培に取り組んでい...
Read More

初心 

飲食店さんをお取引先さまとしてお付き合いをしていると、ややもすれば味重視だったり、珍しい野菜を揃えてやろうとか、とかく営業面を目が行きがちになっちゃたりします。もちろんそれはそれで大事な要素なんですが、普段ついつい忘れがちになることがあります。お名前は控えさせてもらいますけど、fb内でのある消費者の一言より。『私たちの身体や活動は、私たちが食べた物で作られ支えられているのですから、食べることには味...
Read More

ようやく褒めてあげれました 

先日17日に4期生の1組目が無事に卒業しました。今回夫婦で参加だったこの研修生。主に嫁さんの方が来てたのですが、ま~よく怒鳴りました怒りました。多分半ベソかかしたこともあると思いますが、無事に卒業し、ようやく「よく頑張った」と褒めてあげることができました。僕は基本的に研修中には褒めないようにしています。褒めて伸ばしてあげるというのも一つの手段なんですが、その手段は実は簡単な人の育て方なんです。常に...
Read More

メリットを書けば良い!(じゃん?) 

最近見ている農業にまつわるブログで、化学肥料や化学農薬を使っている事が極悪人かのように思われているのが悔しいと書いてあるブログに出会った。農家の方ではなく、農業にまつわる仕事をしている人が書いている。その方は慣行農法、有機農業など両方に理解は示しているのだけど、読んでいる限りは慣行農法の肩を持つような文章が多い。ま、どちらの肩を持とうが構わないのだけど、その方へのコメントなどには当然慣行農法をなさ...
Read More

終わりは無いですよ 

いやいや世の中には頭の良い人がたくさんいる。頭の良い人というか色々難題に立ち向かうにはどうすれば良いかを考えている人といったほうが良いかな?約半年前からフェースブックをし始めてさらに視野が広くなり、農業者であってもこんなに色々と難しいことを考える人が大勢いるんだなと、勉強になることが沢山ある。凄いんだよね、皆さん。なんか小難しいビジネス書とか読んでたり。しかし物事をもっと単純に捉えると、僕のような...
Read More

化or有どっちを使うか? 

就農相談の見学などで土壌診断のことを聞かれることがあります。PHや養分的な土壌診断に関してはしたことありません。 (その他で診断したいことはありますが。)何故しないかというとPHや養分的な診断は、足りないと思われる養分などを化学肥料や有機肥料で補うために行われるための物であって、無施肥の自然栽培では何かを入れて補うという行為自体をしないから無意味に近いかなと思ってるからです。無意味に【近い】と書き...
Read More

新たな戦力となるか!? 

さてもうすぐ端境期。3月~4月はほとんど出荷物がありません。この端境期があるから夏野菜の仕込ができるんですけどね。さてさてその端境期があけるのがGW過ぎあたりから。しかし例年、その端境期明けでもうちの出荷品目数は少ない。そら豆など初夏の豆類か、せいぜいルッコラとか短期で栽培できる野菜を出荷して何とか品目数量を確保してるんだけど、それでも華やかさにかけるし、豆類の出荷が終わるとまたまた品目数が少なく...
Read More

コクアさん⇒ottoさんへ 

刈谷市のコクアさんが『炭焼イタリアンとワインバール otto(オット) 』として生まれ変わりました。シェフこだわりの食材はそのままに、よりカジュアルに、よりリーズナブルに、よりお客様のニーズに対応したいと、思い切っての改装です。コクアさん時代と何が違うの?と言うのはここでゴタゴタ書くよりottoさんのブログをご覧下さい。どんな料理内容かはottoさんのHPにてご確認を。ottoさんのフェースブックペー...
Read More

己こそ己の寄る辺 

有機栽培を目指している人にはほとんど聞かれたことないけど、自然栽培目指している就農希望者に必ずと言って良いほど聞かれる事があります。「自家採種してますか? 固定種ですか?」もう某種苗販売店の受け売りそのまんまですね。固定種じゃないと自然栽培できないのか? F1種でも問題ないのか?固定種は美味しくて、F1種は不味いのか?・・・などなど。そんな事は自分自身で試して、自分自身で答えを見つければ良いかりに...
Read More

畑の様子13/2/3 

このところ文章ばっかりのブログだったので久しぶりに野菜の写真。といっても一枚だけね。今期初挑戦する野菜を、春の本格栽培前に試験栽培中です。鮮やかな赤紫色のリーフ野菜。お皿の彩を飾るのにピッタリだと思います。第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。...
Read More

金の力で解決出来ることは金で解決すれば良い 

本日のタイトル、最近研修生に対して冗談交じり(イヤ、本気か?)でよく語っています。『金の力で解決出来ることは金で解決すれば良い』なんてこの言葉だけ聞くと、僕が傲慢な嫌らしい人間なんじゃないかと思ってしまうかも知れないけど、話の前後を入れるとこうだ。要は経営作業効率を上げる為には、時として必要だと思う機材・資材に対して積極的に投資しなさいと言うことを話してるんです。一例を挙げましょう。この時期は夏野...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。