「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

再読 

またまた愚痴っぽいことで済みませんね~。最近ず~っと思い悩むことは、やはり今秋今冬の不作のこと。虫害ばかりじゃなく、なぜかまったく大きくなってこない葉物類。もう毎日毎日観察をし、原因を探る日々が続いています。そして久々に自然栽培というか、無肥料栽培系のいろいろなサイトを再読してます。就農当初に毎日のように読んで頭に叩き込んでいたのですが、その当時からサイト管理者の人たちも勉強をして色々と書いている...
Read More

来年もごっつう経費がかかりそうです 

久しぶりに愛知県内の自然栽培農家(有機や無農薬含め)さんの情報を、YKFさんの集荷担当の方から聞きました。やっぱり平野部の農家さんは、アブラナ科に関しては軒並み虫害に遭っているようで、うちと同じように何回も何回も種の蒔き直しをしているようです。うちだけ虫害にあって調子が悪いのなら畑の土に問題があるのかとも思いますが、何処も彼処もようなんで、やはり温かすぎた気候が大虫害の原因のようです。こんな事でホ...
Read More

マーシュかな? 

台風26号の雨がぎょ~さん(名古屋弁で「たくさん」の意)降ってくれました。総雨量約120mm強。吹き返しの風もまだ収まってないし、畑の場所によってはまだぬかるむので、本格的な作業は明日からですね。さて、今年は9月後半~10月前半の寡雨による土壌の水分不足であらゆる野菜の発芽に苦労してますが、取り分け苦労しているのは初挑戦のマーシュという葉野菜。マーシュは別名ではコーンサラダと呼ばれていて、元々トウ...
Read More

遅れます 

業務連絡。発芽不良&虫害⇒収穫困難⇒再播種で、当初の予定より端境期明けの出荷遅れます。いつまでも暖かいから、こんなに虫害されたの5年ぶり。第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。...
Read More

パースニップの発芽を考察する 

パースニップと言う野菜があります。画像は ⇒ コチラよく「白ニンジン」と紹介されることがありますが、発芽時の二葉の姿形が全く違いますし、その後の葉の姿形もニンジンと全く異なり、どちらかと言うとイタリアンパセリの葉っぱの形に似ています。だから僕は白ニンジンって言うより、『ルート(根)パセリ』と言った方がシックリくるような気がします。で、このパースニップと言う野菜は発芽までドえりゃ~時間がかかります。種...
Read More

ベビーリーフ系 

今年の9月後半~今日まではかなり辛かった。9月中旬の台風(京都がヤバかったやつ)以来、全く雨なし。しかも天気も晴天多しで、土が乾く乾く。当園9月後半から今時期あたりまでは、秋冬野菜の中でも直播き野菜の種蒔きの猛ラッシュの期間で、その時に雨がないのはかなり厳しい状況で、例年通りの感じに散水作業していたら水分不足で極端な発芽不良。2発目の種まき以降は例年の倍の散水量である程度の発芽まで漕ぎ次ぎましたが...
Read More

無いものネダリしても、ね 

昨日は午後から突然「農園サユールイトシロ」の園主さんが来訪しました。種まき後の散水作業で忙しかったのですが、わざわざの来訪だったので快く世間話に花をさかせました(笑)そんな世間話のなかでサユールイトシロさんの畑(元々は田んぼ)は播種後に散水しなくても、土壌水分が多いらしく数日後には発芽に至るそうです。うちなんか播種後に散水しなければ、ほぼ発芽に至りませんから、その作業量が無いだけでも羨ましい限りです...
Read More

ふんわり柔らか 

ちょっと前に書こうと思っていたネタですけど、ちょうど元研修生が書いていたので先を越された感じですが書いてみましょう。基本的に育苗ポットの土は自分のところで作ります。ま、中には試しで市販の土を使うこともありますが。。。。育苗ポット、育苗トレーにかかわらず、僕が土を詰めるのと、研修生が土を詰めるのでは、その後の発芽率や生育に差が出てくる事がしばしばです。目分量とは言えだいたい畑の土と植物性堆肥の割合は...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。