「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未だに不思議がられます 

耕作人にはオフィスが3つあります。

一つは自宅。

二つ目は畑の近くのネットカフェ。
主にお昼ご飯と急用のメールがないかのチェック。

最後の三つ目は畑の近くにある、就農前に借りていた家庭菜園時代のレンタルファームの一画。
自宅から畑まで離れているのと、ここは水道設備があって、出荷の時に野菜を洗ったり梱包する時に使っています。


この第3オフィスは今も沢山の家庭菜園愛好者がせっせと農作業を楽しんでいます。
週末しか来れないサラリーマンさん。
定年退職して朝も早くから夕方まで居る人と様々。



出荷の為の梱包作業をしていると、その中の一人が毎回、毎回同じ質問をしてきます。

Aさん「立派な野菜だね? 
    これで肥料使ってないの?」

耕作人「そですよ」

Aさん「堆肥も?」

耕作人「え~。
     毎回言ってるけど、なにも入れてないって!」


ま、最近は答えるのも流石に面倒になってきました。
毎回、毎回、私を見つける度に同じ質問ですから。


ど~~~~~~しても理解できないんでしょうね。


理解してしまうと、今までの自分を全否定しなきゃいけなくなっちゃうので認めたくないんでしょうか?
それとも、実は何か入れてるって疑っているのでしょうか?
そんな雰囲気の質問の仕方で、未だに不思議がられます。

何回も何回も実物見てるんだから、いい加減に理解して信用してよって。


こうして疑問に思っている人は沢山いると思うんです。
だったら、特に生活がかかってない趣味の家庭菜園だからこそ、遊びで自然栽培を試してみれば良いと思うんですよね。


プロ農家が行き成りってのはリスクがあるでしょうが、家庭菜園なら失敗しても笑って済ませられるじゃないですか


肥料も堆肥もなにも与えないのに作物が育っていく姿は、とっても面白いですよ。
 (でも最初の頃は虫害とかに苦労するかも。。。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。