「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんなお客様とお付き合いするか? 

うちの研修生「大吉」は今も四苦八苦しています。

栽培作業自体もそうだが、販売においてもです。

うちの研修は優しくないので、いきなり野菜を売って来いと指示してます。
研修が終わっていざ自分が独立してもお客さんが付いていなければ販路を探さなければいけないし、かと言って私の販路を利用しても生活の一部を補える事は出来るかも知れないが、それだけで終わってしまいます。
 (下線箇所、一部の読者よりクレームがありましたので訂正いたしました。)

やはり自分自身のお客さんを持っていないと喜びも半減でしょうし、苦労して取引先を見つけるからこそ喜びが増すと思うんです。

最近、私はまた一軒新たにお取引先が増えますが、大吉君にとってはかなり羨ましく、そして何故そんなに簡単にお客さんが付くのか不思議な事でしょう。



では何故そんなに簡単に取引先が増えるのでしょう?

その一つの理由が今もこうして書いているブログであることは間違いありません。

私は就農当初から飲食店さんとのお取引を念頭に野菜を栽培してきました。
ですから自ずと栽培する品目も決まっていきました。


有機栽培や自然栽培など拘りの作物を作りたいと独立する多くの就農希望者は、おそらく農協などには出荷しないと思います。

となれば自分自身で野菜を販売する道を模索しなければいけない。

私のところに来る新規就農希望の人に常々言うのは「あなたはどんなお客さんとお付き合いをしたいですか?」と聞く。


一般家庭への宅配を希望する人が多いのですが、それならそれで「じゃ、それに見合った野菜を栽培し、HPやブログの充実を図ったり、今から準備しなさい」と話します。

一般の家庭向きに販売するのに、うちのように見慣れない野菜ばかり栽培しても仕方がないし、飲食店さん相手にするにもそのお店や業態に合わせた野菜を栽培したほうが喜ばれるのは間違いない。



要は

どんなお客様とお付き合いするか? = お客様を知る

という事なんです。


そして一番大切なのは自分をさらけ出すと言った事でしょうか?

このブログも最近はこうした真面目な話を取り上げることも多いが、過去の記事はそれこそ普段の下らない事も沢山書いていました。

自分が何を感じているのか?
自分はこんな人間だ。
自分はこんな趣味がある。

などなど何でも良いと思うんです。


お客さんを知ると同時に、自分の事も知ってもらう。


顔が見える野菜とか言うけど、直売所に売っている野菜といってもせいぜい生産者の顔写真があるくらいでしょ?

その人がどんな人柄で、どんな拘りの栽培方法があって、なんて言うのは分からないし、宅配をするにしても野菜の写真と単価が書いてあるだけではつまらない。

人と人との関わりが薄いといわれる世の中でこうしたインターネットでの取引も可能なわけですが、それでもその人間がどんな人かを知っている方がお客様としては嬉しいのではないでしょうか?

特に、こと口に入る作物の、私のような小さな個人農家が自主販売する場合は、そうした面が大切だと感じます。


そうした日々の積み重ねがあってこそ、素敵なお客様と出会えるのではないでしょうか?



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。