「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポット参戦 

先日とある業者さんから、これも名前は伏せますが都市型の朝市みたいなのに参加しませんか?とお問い合わせを頂いた。

朝市というと道の駅とか、JAの直売所とか、いわゆる都市部から離れたところでやっていることが多いが、私が声をかけていただいたのは名古屋の都心部で行うものだ。

都市住民と生産者を繋げたいのと、生産者が自由に価格を決めれるために所得向上を狙ったと言った取り組みですね。



取り組みとしては非常に共感を持てるのですが、残念ながらお断りさせてもらった。

出店する以上ブース代として多少の場所代を徴収されるわけだが、これはま~仕方がない。
仕方がないがその場所代やら、移動や運搬費、ブースに常駐する経費を考えると、その場所代の10倍は稼がないと元は取れない。

やる以上は多少儲けを出さないと意味が無い。

それにはかなりの野菜の量がいる訳で、うちのような小っぽけな生産者にはチト酷だ。
いや、野菜が無い訳ではないがスポットで大量出荷すれば、既存の定期的に卸しているお店などの供給量に支障をきたす。

それがお断りしてしまった一番の理由だ。



まぁ、そんな経費やら売り上げ回収やら計算高いこと考えずに、もっともっと多くの人に「あぐりーも」の名前や自然栽培への理解を深める為の販促として捉えて気軽にスポット参戦するのも一つの手だろう。

それでも残念ながらお断りした。

ちょうどタイミング的に不味かったのだ。
実は蕪が結構有るのでそれを中心に持っていこうかな?などと考えていたのだが、既存のお客様で急遽大量出荷の予定が入ってしまった。


そんなこんなで販促として広く浅くお付き合いを増やすより、DEEPなお付き合いを優先させてしまっている。

というよりうちの畑の規模では広く浅くお付き合いを広げるよりも、一軒一軒に対して安定出荷をより目指した方向性のほうが優先だと、まだまだ思っている。


広く浅いお付き合いを増やしていくか、狭くても深い信頼を得られるようなお付き合いをとるかは農場主しだい。
どちらが良いとは言えませんが、それぞれがベターだと思う販売網を持つことは大切な事ですね。



追伸:上記の都市型朝市は農水省の補助事業の対象になっていて3年間継続する
   予定だったらしいが、例の事業仕分けで補助金打ち切り対象に該当してしまったらしい。
   やると決めた以上、補助金なぞ当てにせずとも民間の力だけで継続していく道を模索して
   欲しいものだ。
   それを当てにして出荷計画を立てたかもしれない農家さん(そんな方は殆どいないと
   思うが)がいたとしたら、ちと可愛そうじゃないでしょうか?


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。