「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼が笑いまくりそうですが 

今年も始まったばかりだというのに、すでに来年の事を考えている耕作人です。

鬼に笑いまくられそうですが…


とりあえず8反(正確には8反弱)に増えた畑。
就農して6年目に突入しましたが、就農後10年以内には1町歩(3千坪)まで畑を広げたいと思っていたので、まずまずのペースで増えていると思います。

来年も増やせば?などと言われる事もありますが、来年に関して畑を増やすつもりは1%もありません。


この6年間は農地拡大&収量増加を目指してきましたが、今年までで収量増加目標を一旦打ち切ります。

来年以降はどういう目標?
と言うと、更なる品質向上。

まだまだ虫食いや小さい実なりの物が多いので、そうした事柄を一つ一つ解決して、最終的には化学肥料&農薬ぶっ掛けた慣行農法なみの綺麗な野菜を、完全無肥料&無農薬である自然栽培で、しかも自分のような新規就農者出身でも出来るんだ!と言う事を目標にしたいと思っています。


前々からこの事は考えていたのですが、なんせ今までは面積が6反しか無かったので、とにかく栽培⇒収穫⇒栽培・・・と言う目先の事ばかりを追いかけてきた。

そこに面識は全くないが他業種の一流の職人さんの言葉に触れて、考え直す機会に恵まれた。


『あくせくしても仕方ない。

地道にやって、
その中に進歩があればよい。

できるだけ
自然でいること。』



最近はやれ勝ち組にならなきゃいけないだの、スピード感が無くてはいけないだのと言われる中、少し自分を見つめなおす時間を作ることも大切だと感じました。




◎自然栽培第二期研修希望者を受付中です。
 詳しくは ⇒ こちら



スポンサーサイト

Comment

Name - 京加茂おやじ  

Title - すばらしい!

あぐりーもさん、こんにちは。


>更なる品質向上。

すばらしい!

ボクたち料理人というのは、味を第一に考え、次に姿、形を含めた品質を大切にします。その上で、無農薬であったり、自然栽培であったりすれば、興味を持ち、食指を伸ばします。

言い換えれば、それが料理人のサガなので、品質の面でも、一級になれば、日本中の一流料理人たちが押し寄せてくるんじゃないでしょうか。

京野菜にしても、単に京都の伝統野菜ということだけでなく、品質の面でも他を圧倒していたので、野菜の一流ブランドブランドとして、ひろく認知度されているのだと思います。

自然栽培というだけなら、アトピーなどの病人が食べる野菜で終わってしまいます。

あぐりーもさんが作った野菜であれば、どんなものであっても必ず買うつもりなので、こんなことを書く必要もないのですが、自然栽培のいくすえを考えると、品質の問題は避けて通れないと思ったものですから、ちょっとえらそうに書いてみました。

品質向上目指して、これからも、どうかがんばってください。
2010.01.10 Sun 01:38
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎京加茂おやじさま
品質の向上。。。

前々から徐々には目指していたのですが、まだまだ面積的に収穫量が全く足りず、今までは増量を主眼において来ました。

面積拡大も一段落一歩手前まで着ましたので、少し歩みをゆっくりにしたいと思います。

味的には自分で言うのもおこがましいですが、そこそこのレベルではないかと思っています。

そして
『自然栽培のいくすえを考えると、品質の問題は避けて通れない』…
これも仰る通りで、飲食店さん向けだけじゃなく広く一般の市場に認知されるには、姿形も非常に大切だと思います。


品質向上は土作りも含めての作業になりますので数年掛かりますが、毎年毎年少しでも向上できればと思っています。

京加茂さん始めお客様には気長にお付き合いいただければ幸いですv-421
2010.01.10 Sun 12:29
Edit | Reply |  

Name - 京加茂おやじ  

Title - 

あぐりーもさん、こんにちは。

ボクが思うに、これからは農業の時代ではないでしょうか。

次世代の農業がどのようなものになってゆくのか、その中で自然栽培が果たす役割と影響力はどんなものになるのか、今後とも、見守ってゆきたいと思います。
2010.01.11 Mon 00:18
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎京加茂おやじ様
日本の農業はまだまだ見直される余地は色々とあると思います。

特に都市部周辺の緑化保全、地方の産業・環境保護等多岐に渡る役目を果たす産業です。

その中で皆に喜んでもらえる農産物を如何に供給できるか!?

また飲食店さんには美味しい物を提供するのと同時に、少しでも安全な野菜を提供する場の一つになって欲しいと願い、お取引をさせていただいています。
2010.01.11 Mon 12:39
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。