FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

形態いろいろ 

まもなく発表できると思うが、規模では負けるが中身では東京の安全な野菜を謳っているマーケットにも負けないような事をしようとしている。
発足当初は色々と問題点も出てくるだろうし、すぐに大成功するとは思っていないが、この名古屋を中心に自然栽培によるある取り組みをしようとしている。


そんな中、言い出しっぺの一人として、先日来からこの界隈の自然栽培農家さんと会う機会を作ってきた。

農家というのは基本的に一匹狼的なところがあって、誰しも自分は社長だと思って事に当たっている。
そんな各一匹狼を一つに纏め上げるのは恐らく大変なことだろう。
 (僕が纏めるのではありませんが。。。)


その自然栽培農家さんの経営形態を色々と聞いたりしたが、皆さんそれぞれに色々とやり方があるのですね。

基本的に栽培と出荷のみに主眼を置いている人。
栽培、出荷、プラス他社(又は他農家)の商品を抱き合わせで販売している人。
栽培、出荷はもちろん、一般の人に野菜の素晴らしさを伝えるためにイベント的な事をしている人。


他の農家さんと会うと、農家という経営形態を考える上で、色々と考えさせられる場面に出くわされます。


例えば暖簾分けなんてのもあります。
Aという農家で研修したBと言う人が、独立直後に十分な販売網がなく売り先に困る場合、耕作管理は自分でするが販売に関してはすでに販売網が有るAという農家に任せてしまう。
もちろん農家Aは販売手数料を徴収する。

うちの研修生の場合だと、完全独立型を志向する子たちのようです。
自らの力で栽培も販売網も切り開いていく。
暖簾分けなんて甘っちょろい考えは基本的には僕自身も薦めていませんし。
まぁ、どうしても販売先が見つからなければ販売先を紹介はするけど、その先はやはり自分の力で頑張って欲しいものです。

但し、暖簾分け制度を完全否定手するのではなく、一つの農業法人を立ち上げるのだとしたら、これも一つの手段としては有効だと思っています。
一個人農家の出荷量では限界値が低すぎますから。



私は基本的に栽培と出荷のみに主眼を置いている。
就農当初は色々な人に農業の素晴らしさを伝えるために大勢の人を畑に呼んで、収穫体験や農業談義に花を咲かてイベント的な事をしてみたいなどと思っていたが、1対1でのお喋りは別に苦にならないのですが、どうも大勢の人の前で話すというのは苦手です。
 (サポートして喋ってくれる人がいればやりますけど。。。)

アガリ症なんですね、きっと。
だから大勢に語りかける場合は、こうしてゆっくりと考えを纏めながら文字にして語りかける方が性に合ってます。


ある自然栽培農家さんが言った事ですが、
「別に農家がイベントなどを開いて講義をしなくても、それはその得意分野の人がやればいい。
 自然栽培農家は栽培出荷する事で既に食文化の社会貢献ができている。」

これも一つの考え方で、イベントやる暇があるなら、大根の一本でもより多く栽培して出荷すれば、安全な食材を求めている人様の役に立つわけですから。


他方、やはり何かしらの情報を発信をして、そうした素晴らしい食材が世に有り、農業の現状を知ってもらい、農業界に新たに人を呼び込んでいかなければいけないのも事実です。
 
自然栽培を実践した事がない人が講釈たれるより、自然栽培農家が講釈たれた方が説得力はあると言うのも側面の一つだと思う。
 (イベント参加料を頂いて経営の足しにすると言う意味では経営形態の一つだし、
  参加費無料なら慈善事業の一つのです。)



色々な経営業態があるのは確かだが僕自身の考えでは、自身での農産物の栽培販売のみで生計を立てられて、初めて一端の農家になったと公言できると思っている。
僕の場合は不器用なので、その余力を持ってでないと他の事に力を入れれ無いのではないかと感じている。

どちらが正しいやり方と言うつもりは無い。
農家の中にも得意不得意の分野がある。
何を参考にし、何を取り入れられれるかを、これからの自分の役に立てていきたいものです。




会社員及び妻帯者向けのプチ農業研修生を受け付けています。
詳しくはコチラをクリックして下さい。


スポンサーサイト



Comment

Add your comment