「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼儀や一般常識 

昨日畑作業が終了しての帰り道の車の中でラジオを聴いていたら、この不景気の煽りを受け北海道の土建屋さんが何か新しいことを始めなければいけないとの思いで、有機農法によるニンニク栽培を始めて、ようやく軌道に乗ってきたと喋っていた。

その中で「今までの土建屋の感覚で人と接していては駄目だと気付いた」と語っていた。


どういう事かというと土建屋さんというのはいわゆる男の世界と言うか、やんちゃをしていたような人が多いし、ビジネスマナー云々に細かいことを言うことが少ない業界だと思う。

野菜を販売しようと思うとスーパーなど販売店のバイヤーと接しなければならず、まずは名刺の出し方から勉強させられ、そこでこれでは遺憾と思いその社長さんはビジネスマナー講座のようなものに通ったのだそうだ。



うちの研修生募集にあたり、その受け入れ条件として一般常識を身につけている人と言う項目がある。

百姓と言うと今まではどちらかと言うと体力勝負で、お頭は弱くても出来ると言ったイメージがないだろうか?
例えばこれは高知で自然農塾を開いている山下さんの著書にあった言葉だが、子供の勉学が進んでいないとご婦人方が「あんたこのままじゃ農業高校くらいしか行く所がないよ。」と言っているのだ。

一般的にこんなイメージはあると思う。

だから、面接時に師匠になるかもしれないであろう僕が帽子を脱ぎ名乗って挨拶をしているのに、ペコリと頭を下げるだけで名前も名乗らないのような不躾な人は、お断りする条件を最初に見せていることになる。
 (実際にこう言う20代後半の女性がいました。)




さて、今例えばこだわりの栽培方法で就農したとする。
多く人が農協などへの出荷を嫌う傾向があるので自主販売やこだわりのスーパーなどに卸したり、会員制の宅配会社や僕のように飲食店へ卸す人もいるだろう。

中には順調と言うか幸運というか、大手スーパーのバイヤーさんと巡り合う機会があるかもしれない。
ただのちっぽけな一個人農家が、、、だ。
いま、それほど拘りの栽培方法の農産物と言うの物には力がある。

その時にやはり先ほどの土建屋さんのように名刺の出し方も知らないとか、一般企業ではごくごく当たり前の常識を知らないと言うのは舐められる元である。


例えばうちの研修では僕へのメールの書き方一つに対して「この書き方は良くない。 こうした方が良いよ」と、細かい事かもしれないがアドバイスをすることがある。

それは将来どんな取引があるか分からないから、一般企業でも十分通用する礼儀やビジネスマナー、心遣い、見積書の書き方、交渉の仕方など多岐に渡る事を身に着けたりして欲しいからだ。


百姓だからと言って舐められては本人の恥。
大手スーパーのバイヤーとも渡り合える百姓ビジネスマンになって欲しいものである。


会社員及び妻帯者向けのプチ農業研修生を受け付けています。
詳しくはコチラをクリックして下さい。



スポンサーサイト

Comment

Name - もみあげねこ  

Title - 

義父は「オレは商人が嫌いだ」なんて言ってます。
古来より現代まで、
農業者はその時々の為政者によって、
単なる農業労働者にされていたので
こういう意識なんだと思います。

でも、自作農家の本質は自営業者なのですから、
商人であることは必要だと思います。
2010.04.30 Fri 10:33
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - もみあげねこ さん

お義父さんの気持ちもよく分かりますけどね。

>農業者はその時々の為政者によって、 単なる農業労働者にされていたので
確かにお父さんの世代はこうした状況でしたし、今も政治に左右されます。
国内ばかりを見ていれば。

稲作の減反政策を見ても補助金が入らないから減反する・・・という考え方だし、それが地域毎に決まり、一戸でも従わなければ地域ぐるみで補助金が入らない・・と言う制度もあったような記憶がありますし、今でもそうなのでしょうか?

しかしこれも発想を変えて補助金なんぞ当てにせずに自主販売する努力をすれば良いだけの話だったのですけど、これも昭和の前半の米政策を考えると難しい面もあったのでしょう。

でも、今は農家が農産物を自由に売れる時代です。
商いをする才覚があれば補助金なぞあてにしなくても販路を見つけれる時代です。
作りすぎて余ると言うなら輸出も考えれば良いわけです。

政府(補助金)にあまり頼らない農業。
もちろんリスクも増えますが、完全民間農業への第一歩でしょう。

そして仮にそうしないまでも一社会人として、農家と言えど礼儀・マナーは大切ですよね!
2010.04.30 Fri 13:17
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。