「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってしまいました(ハァ~) 

先日愛知の伝統野菜「青大きゅうり」の残り半分の苗を植えつけました。

以後晴天が続き・・・特に昨日は気温も高くお肌がチリチリするくらい。

「ヤバイな~~~~~」と思いながら、一部のみ始めた出荷に追われ・・・・水遣りが出来ず・・・・今朝方見たら・・・「ア~~~ゥッチ! やっぱり枯れていた。」



うちの場合キュウリは大き目のポットじゃなくて、72穴のセルトレイに種を蒔いて、本葉が少し伸びた頃にそれをそのまま植えつけちゃうんだけど(通常このサイズで植えつけても、その後ちゃんと収穫できます。)、やはり土の量が少ないのでカンカン照りだと、根の周りにあるポットの土がすぐに乾いちゃうんです。

定植後2~3日では地面に根付きませんし。

植え付け時の天気予報だと月曜日に雨マークが有ったから、ちょうど水遣りしなくても済むと思っていたんですけど、当てが思いっきり外れました



という事で、余っているキュウリの種を早速水に漬け終えて、明日畑に直接種を蒔きます。

それに明日の夕方頃から明後日にかけては雨も確実に降ると思いますし、気温も既に高いですから、発芽もしっかりしてくれると思います。


まァ~物は考えようで、第一陣と時期をズラせて収穫期間が長くなると思えば良いのかと、気持ちを切り替えています。






スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。