「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の愛知の伝統野菜 

前回書いた愛知の伝統野菜「青大きゅうり」の種を今朝方大急ぎで蒔きました。

早朝から雨がパラついていましたが、少しだけ止んだ間隙を運良くついて、速攻で終わらせました。

第一陣はすでに根付いて新たな葉を伸ばし始め順調そうです。
その数、約150株。

元々300株くらい作ろうと思っていたのですが、余った種を全部蒔き、それが全て発芽すればプラス200株になりますから、50株程度計画をオーバーすることになります。


無事に育った暁には、各契約店様仕入れのご協力お願いしますね
え~~と、それから飲食店さんや小売店さんだけじゃなくて、愛知伝統野菜のお漬物シリーズをお願いしている和工房TANKEIさんにもお願いをしなくては!




本日、雨が降っていますので屋外ではなくハウスの中でうろちょろしてます。

トマトを定植する準備ですが、耕耘機を入れたいのですが踏み固めてしまって刃が入らない所を、ツルハシでほぐしています。

ハウスの中に入るトラクターがあれば一発で終わる作業なんだけど、うちのハウスは小さすぎてトラクターが入れない




話がコロコロ変わるけど、先日蒔いた、これも愛知の伝統野菜で「十六ささげ」も無事に発芽しだしました。

関東などでは見られない野菜らしいです。
愛知県や近県の人からするとピンと来ないかもしれませんが、ほんとに地場野菜って感じで、僕は好きですね、コレ。

去年は白インゲン(イタリアのカンネリーニ種)を作っていましたが、今年は止め。
乾燥品にするために種がある程度乾くのを待ってから収穫しますが、そこまで待っていたら周りが雑草だらけになって管理しきれなくなっちゃった。

その点で十六ささげと今回はモロッコインゲンなどはガンガン収穫していくので管理がし易い。

株数としてはそれぞれ160株予定と少ないが、8月頃に一度ガクンと収穫量が落ちる時期に、インゲンでカバーできるので栽培せざるを得ない野菜です。

需要も有りますし、愛知県の夏の高級お豆さんと言えば十六ささげですから!



PS:十六ささげは血中コレステロールを下げる効果があるらしいので、メタボぎみの
   お父さんのお酒のおつまみに是非どうぞ。
   あ! でもお酒飲んだらプラマイ0か



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。