「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭の中は秋冬になりつつ 

夏野菜の定植作業も最終段階に入ってきて、残りの苗もあと僅か。

苗が根着いて順調に伸びてきたら支柱を立てたり、整枝をしたりと、もちろん管理作業が待っているが、頭の中の一部ではすでに秋冬野菜をどうするかを考え始めだしてきた。

ここ数年不調に終わっているブロッコリーとカリフラワーは何としてでも大収穫に至りたい。


その為には健全な苗と、清浄な土作りが大切なのは分かっている。

育苗期は芯食い虫をいかに防ぐかがポイントだし。
定植後もその芯食い虫と根切り虫をいかに防ぐかがポイントになる。

芯食い虫に関しては寒冷紗などで物理的に遮ることもできるが、問題は土の中から沸いてくる根きり虫。
これは土を清浄にする事を継続するしかない。

これが時間がかかるから自然栽培は難しいのだ。
その他にはもうギリギリまで定植時期をずらすなどの対処法しかない。




そしてこの秋冬で一番大変になると思うのが玉ねぎ。
今まで玉ねぎに関しては一番多くやった今年で5畝程度だが、次回は1反丸々玉ねぎを作付けしようと思っている。

今から腰が痛くなるのを考えると嫌になってくるが、うちの美味しい玉ねぎを待っている沢山のお客さんの事を思うと、腰痛なんかに負けるかー!となってくる。


その他にも今年は珍しくネギを大量に作る予定をしていたり、その他にも予定だけはとにかくテンコ盛りだ。
  (ネギはポロネギと下仁田ネギですが、今のところ育苗は順調です!)


予定だけで終わらないように頑張りまっス



会社員及び妻帯者向けのプチ農業研修生を受け付けています。
詳しくはコチラをクリックして下さい。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。