「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然栽培を・・してみたら 

いつ以来だろう?
2年ぶり位だろうか?

ただ単に『自然栽培』とキーボードを打って検索してみた。


出るわ出るわ!!
こんなにも多くの自然栽培農家がいるのか!?って位。


2年前に『自然栽培』と検索した時には、うちのブログは一桁台のページ(Yahooで)だったのに、今は22ページ目になってようやく登場。
随分後ろになったものだ。


それに知らない農園名がたくさんあり、ここ数年木村さんがテレビに出演したり、本を出したり、Youtubeでアップされている影響だろうか?
こんなに増えたんですね、自然栽培農家が。


しかしこれは分かっていた事。
研修生にも言っているが、自然栽培農家はまだまだ増えると思う。


6年前の就農当初から想像はしていたが、若しかしたらいずれ現実に成るような気がしてきた。

自然栽培農家が増えて、農産物の流通量も増えればどんな事が起きるだろうか?
資本主義や市場の流れとして考えれば当然だが、価格が抑えられてくるのではないだろうか?


例えば同じ地域でAさんとBさんがいて、共に自然栽培の宅配野菜セットをインターネットで直売していたとしよう。

Aさんは10年前から7品目で2,000円のセット。
そしてBさんはAさんを目標に追いつけ追い越せで、5年前に就農して8品目で2,000円のセットに設定した。



さて消費者の皆さん、あなたならどちらで購入されますか?


勿論価格だけじゃなく、農家の人柄に惚れているとか、昔からAさんだし今さらBさんに鞍替えするつもりは無いという人もいるだろう。

しかし中には1品多くて同じ値段なら、Bさんから買った方が得だと思う人もいるかもしれない。
結果、利率としては苦労しながらも、売り上げ額と純利額の両方で目標だったAさんを追い越せた。



これから自然栽培で新規就農する人も、そして僕も含め既に就農している人も、こと営農と言う面に限っては何かアイデアを捻る時代に突入しかけて来ているのではないだろうか?


ただ単に安心安全な農産物で、それに向けた苦労を農家がしているから自然栽培は値段が高くて当たり前と言うのでは無くて、安心安全とそれに向けた努力と、プラス農家個々のオリジナリティーが必要で、そこに他の自然栽培農家との違いによる自らのバリューが出来てくると思っているのですが、こんな事を感じているのは僕だけでしょうか?






PS:『自然栽培』だけで検索すると22ページ目でしたが、
   『自然栽培 野菜』で検索すると、一桁台の5ページ目に登場でした。
   僕もまだまだ捨てたモンじゃなかったようです (・ ・;))。。オロオロ。。''((;・ ・)


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。