「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い衆 

明日の予定だが、当園取引先の京加茂さんの若い衆が休日返上で、畑作業を手伝いに来る事になった。


京加茂の親仁さんが若い衆に「料理人たるもの、農家がどのように苦労して野菜をどう作っているかくらいは知っておけ!」という一言で決定したことだ。

オーナーや料理長クラスの人が畑に来るのも歓迎だが、商売人としてではなく一農家としては、こうした若い料理人が来るのは、実はもっと大歓迎だ。


京加茂の親仁さん曰く「俺の若いころは農家に直接行って色々と教えてもらった」とか、今でも京都の老舗料亭の若い衆などは畑に手伝いに行っているなどを聞く。

今のご時世青果業者に電話一本すれば何でもそろえてくる時代だ。
野菜がどのように出来て、その野菜本来の旬がいつなのか知らない料理人は沢山いる。

確かに素材を大切にする心がある人も大勢いるがのだが、今以上に野菜に限らず素材を大切に扱う心構えを磨いていく
には、生産現場を直接見るのが一番手っ取り早い。
ましてや今の若い料理人さんは身近に田畑がない環境で育った子はいっぱいいる。



いまでも料理長やオーナーさんなどは畑に見学に来ることが多い。
しかしその時に若い料理人も一緒に来てくれると、なお嬉しい。

そしてそんな若い衆がいつかは独立して、またうちの畑に遊びに来てくれたら更に更に嬉しいことだ。


だから「あぐりーも」と取引をしていない飲食店さんであっても、そこで働いている若い料理人が見学したいと言ってくれれば、喜んで見学させます。

また、現行直接お取引をしていたり、スーヴェランさんやワイケエフさんを通じて当園の野菜を購入いただいている飲食店さんの若い料理人にも、是非とも見学に来ていただきたいものです。


出来ればそうした若い料理人から親しみを込めらて「あぐりーものクソ親仁(ちゃん)」と言われるような存在になりたいものだ。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。