「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実と理想の狭間 

梅雨である。

梅雨と言えば露地のトマトがパックリと割れてしまう季節である。
非常に悩ましい。

たった2kg収穫するのに、いったい何kgのトマトを廃棄したのだろうか?


トマトは樹上完熟させるのが美味しい。
美味しいトマトをお届けしたいが、樹上完熟を待っていては雨で水分を含みパックリ割れてしまう。

パックリ割れれば出荷できない。
出荷できなければ腹の足しにならない。


という事で完熟一歩手前だろうとギリギリの所を見極めて割れない内に収穫するのだが、それだと味のノリがもう一歩と感じられてしまうこともある。

そこん所を突かれると一番痛い


先にも書いたとおり樹上完熟させることが美味しさへの第一歩ということは重々理解している。

購入する側からすれば、そんなのは農家の愚痴だと言われればそれまでなのだが、収穫量の3倍・4倍とトマトを廃棄する身としてはとても切ないモノがあり、すこしでも気持ちを汲んで欲しいと言う願望も正直言ってあるわけです。


雨に降られても割れないトマトの品種ってないかな~~~?




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。