「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱ4駆が良いな~ 

先日から秋冬作の本格的な準備に入ってトラクターに乗る機会がまた増えだした。

クソ暑い日が続いているから、体力的にはちょうど良い感じ


僕が乗っているトラクターは2駆です。
後輪だけが駆動します。

20年前の代物なのにエンジンはすこぶる調子が良いけど、やはり2駆は牽引力が弱いのが悩みの種。
ちょっと土が軟いと抵抗が掛かりまくってタイヤが沈み込むし。

水平モンローとか、逆転PTOとかも付いていないから、ちょっと段差が付きやすいのも悩みの種。
おまけに自動深耕調節の機能がぶっ壊れているから、もう職人レベルの微妙な手つきで深さの調節をしている。


実は新たにトラクターの購入を考えている。
もちろん4駆で、ある程度の機能が付いている奴。

さすがにエアコンとかオーディオ付きのまでは欲しいとは思わないけど、とにかく牽引力が欲しいのです。



当然(というのも恥ずかしいが…)即金で買える資金はないので、ローンを組むことになると思う。


実はこれに関しては色々な人に相談している。
私、基本的に借金はしたくないので、お金が貯まったら新しい農機具を購入しようと思っていたのですが、経営者レベルの人は口々に「事業を拡大(もしくは効率性)を考えているなら、借金してでも道具を揃えなさい。 お金が貯まってからなんて考えていたら、いつになるか分からん。」と説いてくれるし、現実にお金って中々貯まらない。


実際、今の人力での農作業では、現状が精一杯です。

例えば今夏はジャガイモを5畝(150坪)ほど植えたが、人力での収穫作業ではどれだけの時間が掛かっているか分からない。

研修生に頑張って掘ってもらっているが、このクソ暑い時期に掘って貰うのは正直可哀相だ。

ジャガイモの掘取機があれば、1反の掘り起こし時間は約2~3時間で終わってしまう。



小分けにして機械を揃えていくとローンの年利が何件も重複して大変な事になってしまうので、欲しい機械類を一気に買ってしまおうと思っている。

先日ざっと見積もってみたら500万弱になった。

あとはどのタイミングで購入を決断するかまで来ている。
 (ま、今年は無理ですけど。。。)




ちなみに購入を考えている最低限のものは

4WDで24馬力以上のトラクター
マルチャー用の管理機
ジャガイモの掘取機&それ用のテーラー
ハンマーナイフモア
ネギ&ジャガイモの揚土作業用の管理機
2連サブソイラー

新品買って、20年使うつもりでの500万の投資です。
あと10年もすれば、私もう50歳で体力も落ちてきますから、機械化を視野に入れるの必要だと思っています。
これを高いと思うか、安いと思うかはその人次第。

ハン! たかが500万!?
それくらいペイしてやるぜ! っと気合いを入れていきたいものです。
 (実際には、ウオ~~~! 500万かよー!?って感じですけど

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。