「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルチ張っては未だでした 

6年も農業をしていると、さすがにこの土質ならこの作物は育つだろうと予測して栽培するのだが、まあ大抵は読み通りの結果になる。

その読みを今でも裏切り続けてくれるのが白菜とキャベツと言った、いわゆる巻き物系の野菜だ。


厩堆肥や有機肥料を使った有機農業でさえ上手く行かない事もあると聞くので、何も使わない自然栽培ともなれば、よほど根気良く自然栽培なりの土作りに励まないと難しいだろう。

近しい自然栽培農家でこの2つを完璧に栽培してる人はいない。
  (たまに出来たと言う話は聞くけど。。。)



実は先日、中川区の京加茂さんへ配達に行った折に愛知の伝統野菜『野崎2号白菜』の話しが出た。

何故話しが出たのかの経緯は京加茂さんのブログを読んで頂くとして、自然栽培では中々難しい部類の野菜に入ることを伝えた。


日本料理屋さんである以上、冬の鍋物には白菜は欠かせない物だろうし、お漬物にも頻繁に白菜を使用されているようだから、自然栽培による自然の甘さを醸す白菜があればさぞかし喜ばれる事は想像できる。


6年も栽培していると「またやっても、どーせ失敗しちゃうし。。。」みたいな見切りが出来てしまって、挑戦するって頻度が低くなってきた。

しかし個人的には愛知の伝統野菜を、特に愛知県民の皆さんに食してもらう機会は増やしたいと思っている。


『ん~~、何とか栽培したいな~。』
とふと思ったら、使用はしているけど直ぐに剥がさなくても良い条件のマルチがあって、尚且つアブラナ科の作物向きの土質で、この冬は使わないスペースがあることに気が付いた。
 (マルチングしての不耕起栽培と言う事です。)

今まで白菜を栽培した事が有るといってもマルチを張らずに遣っていたので、もしかしたら出来るんじゃないの?っとムラムラし始めた。


と言う事で実験的に200株ほど作付けしてみようと思っちゃいました。

2年ぶりに白菜再挑戦です!!

スポンサーサイト

Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.08.08 Sun 01:51
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - >鍵コメさん

ご無沙汰ですね~~~~。
元気にしてますか?

テントウムシダマシ・・・うちほど酷い所は少ないけど、全体的に今年は多いような話を聞いています。

白菜の話ありがとうございます。
毎年9月の頭に蒔いていましたが、今年は仰せの通りの時期に蒔いてみます。
2010.08.08 Sun 11:44
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。