「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年目だけど一年生 

まずは・・・、写真を・・・

ナス(テントウムシダマシ食害)①

ナス(テントウムシダマシ)食害②

今年のナスの状態です。
先日も書いたテントウムシダマシによる食害です。


今までも食害に遭い果実に傷を付けられたことはありますが、これほどまでの害に遭うこととは一度もありませんでした。
なんせ今回の食害率は100%です。

そもそもこの傷はテントウムシダマシの傷ではなく、風に揺られて支柱や枝などに表皮が当たってタマに出来るのかな?って思っていて、殆ど気にしていなかった位でしたから。

ナス(テントウムシダマシ)食害③
葉がこんな状態になると、これでは光合成が出来ず、樹自体の成長も望めず当然実付きも悪いです。


そしてこの虫の性質が悪いのは表皮だけを食べて、中身にはなんら影響がないこと。
ナス(テントウムシダマシ)食害④断面
ね?
中身は全く普通でしょ?
皮を剥けば喰えるんです
でも見た目が悪いから商品として販売するのは難しく、その殆どが畑に還ります。

こうした野菜を畑に還す気持ちを想像できるでしょうか?



巷で本を読んだりすると、自然栽培では虫が付かなくなり品質も上がるとされています。

また実際に売られている自然栽培の野菜も、綺麗な物が殆どで虫食いの物は殆ど見かけませんから、虫害が少ないというのは本当なんだと信じている消費者や小売店など流通業者がほとんどではないでしょうか?

しかしそれは生産者が意図的に虫食いを出荷していないと言うこと忘れないでほしい。
今年ほどナスに農薬をブッ掛けたいと思った年は有りません。


僕は確かに今年で自然栽培を行いだして6年目になるので新米という顔は出来ない年数になってきた。
しかし新しく借りた畑というのは、6年目の僕が栽培を行おうと、自然栽培1年生の畑なのです。

新しい畑というのは正直言って博打です。
どの野菜が上手く出来るのか、どんな病虫害が出来るのかさっぱり分からない手探りの状態から始める。


そこを乗り切らなければいけないのですが、その乗り切る覚悟ってのは相当なモノがあります。
あの「奇跡のリンゴの木村さん」だって初めから成功したわけではなく、10年の歳月が掛かっているわけです。


確かに最初から上手くいく畑もありますが、初年度はこんな状態になることもあります。

そんな苦労を分かって支えていただけるお客様がいるというのは感謝に堪えません。



テントウムシダマシはナス科の作物が好きらしくナスを食害しているのですが、すぐお隣で栽培している同じナス科のペペローニ(ピーマン)は綺麗に色付いて来て、
ペペロニ(ギアッロ)10/8/5
食害ゼロ。


この差はいったい何なんでしょうかね?





第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。





スポンサーサイト

Comment

Name - 吉岡孝明  

Title - 

1年目の畑ですから、まだ残肥が残っていたのかも知れませんね。
肥毒が抜ければ害虫被害もなくなるのではないでしょうか。

害虫に負けない生命力に溢れる畑を作れるのは
自然栽培しかないと信じています。

大変なお仕事でご苦労は計り知れませんが
がんばって下さい。

僕のボキャブラリーではこんな言葉しか見つからず
申し訳ありませんが、応援しています。
2010.08.06 Fri 21:55
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - >吉岡さん

こんにちは。
いや~、今年のナスには参りました。

肥毒がありそうな初期段階でも何かしらの栽培をして、何とかお金に換えなければ生活出来ないのが弱小農家の辛い所でして。。。

肥毒に限らずその他の自分の畑の環境や、他所様の畑の環境とかも見渡さないといけないなって、今回感じました。

テントウムシダマシの生態を調べると、まず春先のジャガイモに付いて、それからナスに来るそうですから。

そう言えば前回いただいたコメントで奥様のご実家が愛知県内だと書いてありましたが、お盆やお正月に帰省されることがありましたら、是非お立ち寄りください。

関東方面のベテラン自然栽培農家さんのお話などめちゃくちゃ聞きたいです!
宜しゅうお願いします。
 (もしお越しいただける機会があれば、プロフィール欄内にある
  「野菜のお問い合わせ」から直接メールを頂ければと。)
2010.08.07 Sat 10:30
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。