「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/9/11畑の様子 

天気予報では猛暑が続くのは、後1日。
明後日からは少し気温が下がる予報になっている。
下がるっても30℃オーバーの日が続くようだが、今までよりは何ボかはマシだろう。



久しぶりに畑の様子です。

夏野菜は散々だったので、秋冬野菜は何とかいい成績を残したいです。
育苗期間を過ぎた野菜を次々に定植していってます。

カステルフランコ10/9/11
まずはカステルフランコ。


プンタレッラ10/9/11
プンタレッラ。
プンタレッラは雄株と雌株が有って、ニョキニョキ生えてくるのが雌株。
こっちの方が値段は高いです。
去年はほとんど雌株が育ってくれましたが、今年はどうかな?


ロロロッサ10/9/11
ロロロッサ。
サニーレタスに似た感じに育ちますが、サニーレタスよりちょっぴり苦味が有って、サニーを作るより断然お客さんの評価は高い。


ラディキォ10/9/11
これはラディキォ。
馴染みのある名前にすると、トレヴィーゾですね。


インディヴィア10/9/11
インディヴィア。
エンダイブの事です。
大きくなってきたら外葉を縛って、中を軟白させてあげます。
そうすることでエンダイブ特有の苦味がなくなって、自然栽培では甘みさえ感じられる。
エンダイブが苦手だったタワーレストランナゴヤの長久シェフに、去年衝撃を与えた一品です。


トレヴィーゾプレコーチェ10/9/11
これはトレヴィーゾのプレコーチェ(早生種という意味)。
当園冬のイタリア野菜の中では1番人気の高級イタリア野菜です。
今年は大量に作ってます。


まだまだ小さいですが、こんな感じで畑に植わっております。
収穫予定はこちらを参照下さい。


この後はアブラナ科類の野菜も、満を持して畑に定植予定。
去年は比較的新しく借りた畑に定植したら、2週間ですべてネキリ虫に全滅させられたので、今年は例年もっとも虫害が少ない3番圃場で栽培します。

今年はロマネスコを喰らいたいのだ


第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。