「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

油断大敵! 

つい2日前のブログで白菜について「今のところ過去最高のデキ!」なんて書いたばかりだけど、今朝方見回りをしていたら、ナンと殆どの株にシンクイ虫が付いているではありませんか!?

それも半分くらい芯がヤラれている。

たったの2日間でこうも状況が変わるのだと、改めて無農薬栽培の恐ろしさを実感した。

2日間で大発生するとは考えづらいので、実際にはその前にかなりの数の卵を産み付けられていたのでしょうが、それに気付かないのが迂闊だった。


と言うか、ある程度涼しくなってから定植をしたので心配ないだろうと高を括って被覆資材を使わなくなったのがいけなかった。

更に言うなら、情けない話だが端境期に入り売り上げがない中での予算不足で新たにトンネル支柱を用意することが出来なかったのである。

全く情けないはなしだ。



白菜がこうだったたからブロッコリーとかその他のアブラナ科の野菜も見回ったが、こちらは今のところシンクイ虫の卵も幼虫も見かけなかった。


今年は虫害に関してはホントに油断大敵な事が多い。



自然栽培の土で栽培すれば虫害は少なくなると言うが、まだまだ土の上がりが不十分なのでしょう。

かの木村さんでも虫害がなくなるまで10年以上の歳月が掛かったと言うのだから、僕の畑はまだその半分にしか満たない。



それでもある程度の収穫は見込まなければいけないので、来年は被覆資材の完璧にそろえて置く必要がありそうだ。



農業って色々とお金がかさむね~。




第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。