「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほぼ順調 

今のところ作付けした中で、2~3種類を除いてはほぼ順調な滑り出しを見ている秋冬野菜

出荷物を写真で披露したいところだが、少しでも良い状態でパッキングし終えて出荷に備えたいので、写真を撮っている暇がありません。


ここ2年ほど播種後に悩まされた虫害も、今年はかなり少ない。
野菜によっては全体の0.5割くらいしか虫害に遭っていないんじゃないだろうか?
 (一番酷かった芽キャベツは半分くらいネキリ虫にやられました。)

幸か不幸か予算不足もあって防虫ネットを揃えられなかったが、虫害に対する現状を認識できて、かえって良かったかもしれない。

虫害を少なくしたポイントは何と言ってもギリギリまで種蒔きを遅らせた事だと思う。


自然栽培と謳って栽培している(もちろん土には何も施していない)訳だけど、まだまだ土作りにおいては完璧だとは思っていない。

それでも出荷はせねば生きていけないわけで、どうせ出荷するなら少しでもお客さんが喜んでくれるような状態で出荷したいわけです。


それをア~ダコ~ダと毎年毎年違うことを色々と試みて、この秋冬に関してはこの遅蒔きしたのがまあまあの滑り出しで、多少気持ちとしては楽にはなってきた。

逆に言えば、出荷の間を空けてしまったお客さんがかなり居るっちゅうことです。

そんなこんなで葉野菜はかなり綺麗な状態だし、味も例年通りの美味しい仕上がりだと思っている。





話し変わって、まだ入院中の僕のトラクター。
既に交換部品は届いているのだけど、農機具屋の親仁さんが未だに手を付けていない。

その間、どーしてトラクターを入れたいところがあったので代車を貸してもらった。
その代車が4WDだったんですが、今のトラクターより馬力が小さいくせに、多少ぬかるんでいようがスタックせずにグングン走って作業をこなしていくんですね!

初めから4WDに乗っている人からしたら当たり前の話しなんでしょうが、2WDから始めた僕としては、その作業のし易さに感動してしまいました。

ん~~~、ますます新しいトラクターが欲しくなった。





第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。