「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末ファーマーへ苦言 

食の安全性への関心、幸か不幸か食費を浮かせたいと不況の影響も伴って、週末ファーマーが増えている。
今日もNHKのクローズアップ現代で、そのことが放映されていた。


左横プロフィール欄の僕の経歴を見てもらえば分かるように僕自身も週末ファーマー出身で、それが今じゃ一町歩の面積を管理する農家になった。

だから番組の最後で週末ファーマーが専業農家になる可能性と言うのは全く否定しないし、そう言う人が出てくれば良いと思う。


但し!!
番組内で紹介されていた白菜を売っていた人には申し訳ないが、売るならヘタな値段では売ってくれるな!!と苦言を言いたい。


会社務めをして週末に趣味で農業して野菜を売るのは構わないと思うが、売るなら正当な価格をつけるべきと思っている。
例えそれが週末ファーマーだったとしてもだ。

僕が週末ファーマーだった頃にも野菜は売っていた。
もうその頃は農家になると決めていた頃だったが、その後の事も考えて当時から市場値と同じくらいか、それよりも高い価格で販売していた。


だってそうだろう。
農産物に関わる全てのプロの人が一生懸命作ってようやく築いてきた相場だ。

それを週末ファーマーだからと言って、白菜を一個100円で販売しては、僕であったらプロの人に申し訳ない考えがよぎる。
 (今週の白菜の小売り価格は1株400~500円が相場)

何が言いたいかというと、週末ファーマーで遊び半分で販売しても、お客さんにとってはそれがプロ農家が出荷した物なのか、趣味の家庭菜園の人が試しで安く販売しているのか判別がつかないと言うことだ。

そうして安く販売されると、お客さんにとってはその安い価格が当たり前だとなってしまうことが一番問題なのである。


週末ファーマー、大いに結構。
しかし販売をするならそれなりの価格をつけての販売を望む。
もし変な価格をつけるくらいなら、知人などにタダで上げてくれた方がよほどスッキリする。


余談:
冒頭に「食費を浮かせたい」と書きましたが、栽培品目によっては買った方が安く上がる作物もあります。
exブロッコリーの苗を70円程度で購入
     ↓
  定植後収穫まで約3ヶ月かかる。
  その間に貸し農園に行くガソリン代、肥料や堆肥代、農機具や農業資材、
  何と言っても費やす時間(人件費)などが掛かる。
     ↓
  ブロッコリーは1株150円から200円程度で売られている。
     ↓
  多分、買った方が安いです。





第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。