「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飽きてきました 

ココのところ出荷日以外はず~っと玉葱苗の定植作業をしている。

今年は1反全てに玉葱を植えるべく、約2畝の面積に玉葱の種を蒔きました。

早生種の玉葱は猛残暑真っ只中の9月初めに蒔いたら余り発芽せず、発芽した物もその後雑草に埋もれ気味(一応除草はしたのですが)で、ヒョロくしか育たなかったが、15日以降に蒔いた中・晩生の玉葱はパラパラと発芽率は少ないながらも、なかなか健全な苗に育ってくれている。

その半分近くが化学肥料を使ったそこらの種苗店で販売されている物と同等か、それ以上の苗の出来で我ながら驚いている。
知多玉ね10/12/5(定植前)
(比較物は1円玉)



という訳で、この3週間ほど出荷日以外はほとんど玉葱苗の定植に追われ続けている。

基本的に飽き性の性格なので、作業日の全てが玉葱苗の定植というのは些か飽き飽きしだしてきている。


早く終わらせて、来年に向けた準備を色々とこなして行きたいものです。



とは言え、立派な苗が多いと定植をしていても楽しいもので、「苗半生」と言われて立派な苗が出来れば半分は成功だと言われているから、来春の収穫期が待ち遠しいのも、もう一方の気持ちでもある。




第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。