「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア野菜(?) ポロねぎ 

フランス料理や最近少ずつ目立ってきたスペイン料理でも使用しますから、イタリア野菜と言って良いのだろうかと(?)マークもつきますが、ポロねぎを育てています。
ポロネギ10/12/17①

今年で3回目の挑戦ですが、3度目の正直で収穫にいたりました。


過去2年は畑に苗床を作ってそこに直接種を蒔いて育苗していましたが、春から夏にかけては雑草の成長がすこぶる凄まじく、毎回雑草に埋もれて苗自体が消滅してしまったりしていたので、今年は育苗箱に入れて栽培していました。
ポロ葱10/4/1(発芽)
(オッと! アップ過ぎて育苗箱の中なのか分からない写真しか残っていなかった!?)



そして収穫のアップ。
ポロネギ10/12/17②
どうです?
軟白部分は少し短いですけど、比較物のクロレッツの容器と比べてもかなり太く育ってくれたのが分かります。

本場ヨーロッパからの輸入品と比べても、太さだけなら遜色ありません!!
 (輸入品の軟白部分はもう10cmほど長い。)





ちなみに、その本場から輸入されるポロねぎは一本あたり安くて600円。
高いと7~800円もするほどの、超!超!高級ネギです。

見た目の太さが下仁田ネギと同程度だからといって下仁田ネギと同じような感覚で販売すると、農家さんは損をしますよ!


このポロねぎを焼きネギにして食しましたが、下仁田ネギに比べると圧倒的にコクがあります。
高価でもプロのコックが欲しがるのが良く分かります。

そんな美味しいネギだからこそ、上記の値段近くでも売れるネギと言うことを忘れず価格をつけましょう

PS:
残念ながら定植初期に虫に食われたり、上手く根付かず枯れてしまったりで、数が少ないため全てのお客さんへの販売は出来ません



第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。





スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。