「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6弾!! 

大トリを勤める第6弾の農業機械は、もちろん一番高額品。

トラクターKT235①
トラクターです。

トラクターKT235②
クボタのKT235(23馬力)。
馬力こそ今までもっていたトラクターと同じですが、4駆になったことで牽引力が増して、前回写真を載せた2連のプラソイラを引っ張る事が出来るようになります。


トラクターKT235③
色々な機能のマイコン制御盤があります。
自動でロータリーの昇降が出来たり、水平モンローと言って特に水田での均平を保つ為の機能などがあります。
畑でも傾斜地を横切って耕す時に役立ちます。

トラクターKT235④
ロータリー軸の上下に細い棒がありますが、これはロータリー軸への雑草の巻き付き防止に役立つそうです。
その名も「つきま線」だって(笑)。

そして写真では分かり辛いですけど、ロータリーの裏面にはゴムラバーが張ってあります。
ラバーがあることで土の付着が少なくなり、清掃が楽になります。


トラクターKT235⑤
そして最新のトラクターが欲しかった一番の理由がこの写真の中の三角形っぽい部品があること。
これが有る事でトラクターに乗ったままロータリーの脱着が可能になります。
今までのトラクターは嵌め直す時に30分以上(酷い時は1時間)掛かって付けていましたが、この部品があることで数分で終わってしまう。
これだけでも無駄な作業時間がかなり減るし、力作業も減る。


今回買った農業機械は以上です。
ローンでの購入ですけど、とあるルートで金利は0%。
その代わり割引率は少ないけど、正規ルートでローンを組むよりトータルで40万円位はお得。

さ、これから頑張って稼いで借金返しまっせ~!!
 (って、いきなりもう直ぐ端境期ですけど・・・




第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。

プチ研修生も受付中



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。