「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超抜大根 

競艇で勝率が多いモーターの事を超抜モーターと言います。

あ、競艇は一回も見たことがありませんが、漫画のモンキーターンは面白くて読みました。



超抜大根
宮重大根11/2/16(自家採種用大根)
自家採種するために残しておいた、超選抜大根たち。

特に左から2番目の大根は長さ1m弱で、太さも15cm弱はあろうかと言う超特大サイズ。
比較対象に置いてあるシャベルの長さと比べても遜色がないのがお分かりだろうか?



話が逸れますが豆知識としてシャベルとスコップの違いは、JIS規格では足をかける部分があるものをショベル、無い物をスコップと記されている。

東日本地域では、人力で掘るために足をかける部分のあるものがスコップと言い、代表的なものが剣先スコップ・角スコップである。

一般には大きさによってシャベルとスコップを使い分けており、おもに東日本では大型のものをスコップ、小型のものをシャベルと呼ぶ人が多く、西日本では逆に大型のものをシャベル、小型のものをスコップと呼ぶ人が多い。

名古屋は西日本文化のようで。。。



話を戻して、全くの無肥料栽培である自然栽培でもこれだけデカくなると証明できる奴らだ。

おまけにセンチュウなどの食害痕も見当たらないし、今は葉っぱも枯れかけてきているがこちらも青虫などの食害痕をあまり見かけなかった。



この超抜大根のサイズはどのお店にも出していない選りすぐりの優秀な奴らで、次世代の為に自家採種をして種を残していきます。

いやいや、来年の冬の大根が今から楽しみだ。





第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。

プチ研修生も受付中




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。