「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も無事に 

個人農家と言えども経営者ですので、この年度末は数字とニラめっこしなきゃいけません。
そう、お上に税金を納めるかどうか決める確定申告。

先日の月曜日は雨が降りましたので農作業はほぼお休み。
と言うことで、確定申告に行ってまいりました。


数字の公表はしませんが、とりあえず今年も●字になり、無事にお上に税金を納めることになりました。

納税は国民の義務です。
普段世の中の役に余りたっていませんから、税金くらいは払わないとね。

僕が以前働いていた会社の社長から「企業や個々の人間が社会貢献をするには何が良い?」と聞かれて全く答えられなかったことがありまして、社長曰く「それは税金を収めることだ。」と教わりました。

全くその通りだと思います。


よく世の中の役に立ちたいとか、カッコいい事を言っているのを聞きますが、税金を払うことがその一番の近道です。

後はお上がちゃんと世の中の役に立つよう仕事をすること!
全く今の政権の体たらくぶりは・・・おっと、脱線するとかなりの酷評になってしまうので置いときます。



ただ今年は確かに●字で売り上げも伸びたのですが、利益率で言うと去年よりマイナスです。
原因は幾つかありますが、畑が広くなった分で、支柱やら育苗ポットやら、色んな資材を揃えまくった事が一番の要因です。

それと異常な猛暑で予定していた作物の出荷ができず、これだけで約100万円は損失出してます。
害虫の被害、それと一部の畑が自然栽培に適した土作りがまだ適していなく収穫に至りませんでした。

この損失がなければ売り上げも大幅アップで、利益率も去年並みだったでしょう。
自然栽培の怖いところです。



しかし何はともあれ、微々たる金額ながら今年も無事に税金を納めて世の中の役に立つことができました。




第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。

プチ研修生も受付中




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。