FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

穏やかな一日 

愛知県東海市にある新日鉄にて、震災被害者への救援物資の募集があったので、昨日ららかんのお店の在庫(と言っても勿論新品ですよ)の服を大量に持っていった。

本当は31日までの募集のようであったがこの3連休に予定数量を軽く上回ったそうで、募集は一旦打ち止めになったようだ。

会場には多くの物資が山済みされていて、この地区でも関心の大きさが見て取れる。

ちなみ名古屋にある中京TVが取材に来ていて、ららかんがインタビューされてテレビに映っていた。
(はっちゃんもちょっぴり映っていた。)




その会場の近くに聚楽園大仏という大仏がある。

昭和初期に作られた東海地区でも1~2を争う大きさの大仏だが、どちらかと言うと当初は当地の実業家が観光目的で作ったようだし歴史的にも浅く、有り難味という点ではあまり感じられないが、現在は一応曹洞宗が管理しているとの事なので、とりあえず拝んできた。


子供も連れていったので、初めて見る大仏が何かわからず、ただただ「おおきい~~~~」と言ってた。

ところで大仏様の頭はたいていブツブツのパーマ頭みたいになっている。

これがいたく気に入ったのかその後は「ブツブツの大仏、見たい~~~!」と連呼してました。
そして最後には「大仏さん、バイバ~イ」と手を振っていました。


ところでこの大仏さん、横とか斜めから見ると半眼で大したこと無い様にみえますが、真正面に回ると半眼かと思われた目がしかとこちらを見据えており、歴史が浅い大仏とはいえそこやはやはり大仏様の威厳がどこと無く感じられました。



そしてこの後は近くにある当園のお得意様「とまと記念館」さん内にあるフレンチレストラン「ソル・エ・ソレイユ」で久しぶりにフランス料理を堪能し、フレンチならではコクの出し方を楽しんできました。

いつもなら料理写真を紹介するところですけど、なんせ子供の面倒を見ながらでしたので、写真をとるのはあきらめ。。。



さて夏野菜の育苗の第一弾も一段落して、この日は僕にとって1ヶ月ぶりにまったく農業に関わりを持たずに過ごした穏やかな一日でしたが、刻々と変わる天候は常に気になるもので、結局野菜のことが頭から離れないんですね。。。。。



第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。

プチ研修生も受付中






スポンサーサイト



Comment

Add your comment