「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は1.4km 

念願(?)の定植作業が始まりました。
約3ヶ月かけて育てた大事な大事な夏野菜の苗たちを、狭いポットの中から広い畑へ移してあげます。

3ヶ月間ポットの限られた土の中だけで懸命に根を伸ばしてきた夏野菜たち。
これからは畑の中で好きなだけ根を伸ばして、たくましく育ってね



昔の当園のスタイルでは考えられないけど、夏野菜のほとんどにビニール黒マルチを張っている。
地温の確保や過剰な水分供給&干ばつから根を守ることも狙って使っているけど、主な理由は雑草対策。

もうあなた無しには生きていけないわってほど多用しています。


で、今年は総計1.4kmのマルチを使っている。
去年より200m多いです。

135cm幅の200m巻きを7本です。

いろんな野菜を植えるけど、マルチを使う野菜の株数はだいたい5,500株くらいになります。



ところで皆さんマルチはどこで購入されているのだろう?

僕の畑の近隣だとカインズホームが一番安く、135cm200m巻きの物が1,980円です。
7本買ったから総額は13,860円。
(もっと安いお店ありますか? あったら教えてください!)


半年使ったら撤去してしまうので、半年で13,860円を捨てることになります。
が、マルチがない場合の除草にかかる労力、そして収穫量の差による収益を考えれば、決して高い買い物ではない。

13,860円くらいの利益は全く問題なく上げられますから。

ただね、マルチを張るまでの機械の投資額、畑の整地準備期間まで入れると13,860円ではとても効かなくなる。

そうですね~、毎月この最低5倍は純利益を上げないと、当園ポシャっちゃいます




第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。