「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のイタリア野菜 

日本に春夏秋冬があるように、イタリアにも春夏秋冬はある。

日本の春が旬の野菜ってなんだろう?

少し前なら山菜が代表的だろうし、今なら竹の子だろうか?
 (書いた後で気付いたが、これは野生のものだった!)



イタリアにも春が旬の野菜がある。

ファーベ11/4/22
そら豆です。
日本にももちろんソラマメはあるが、イタリアのはチト違う。
日本のものより小粒だが、なんと生でいただくのだ。
自然栽培で作ると特に甘味が増し、エグ味も無いので非常に食べやすい。


フィノッキオ11/4/22
9月に種を蒔き、8カ月かかってようやくこの大きさになってきました、フィノッキオ。
秋にもフィノッキオは出回るが、春のフィノッキオの方が断然美味しい!
特にある部分の美味しさは料理人でさえ知らない事が多い。
表現すなら「なんて清々しい甘さなんだ~!」って感じかな?


カルチョーフィ11/4/22
カルチョーフィ(アーティチョーク)です。
行ったことはないが、イタリアでは5月頃のメルカート(市場)の目玉商品とも言うべき感じで溢れかえっているらしい。
収穫は5月中旬以降だと思うが、一年かかって初の収穫を迎える。

ところでこの写真のカルチョーフィの下には、一応ビニールマルチが張ってあるんですけど、半年くらい全く手もかけていなし、様子見にも行っていなかったらご覧のように雑草に覆われてしまった。

これぞ『ザ! 自然農法!!』といった感じで、中々気にいっている風景です。



第二圃場全景11/4/22
まだ発芽して間もないけど、この畑にはルッコラやバルバビエトラ、イタリアの人参なんかが育っている。


イタリアンラトゥーンガ11/4/22
春が旬ではないけど、形がまるでルッコラの様なイタリアのリーフレタスです。
当園でも初お目見え。
 (ちなみに品種はオークリーフではない。)

このレタス、新しい一年目の畑で栽培しているから、どこまで大きくなるか予想が付いていない。
この春は雨も少ないし。



こんな感じで少しずつ端境期明けを待っている耕作人です。




第3期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。