「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイオイ 東電!! 

平和な農業ブログを書きたいが、あまりにも身勝手な感覚にムカつきを通り越し呆れ返ってしまったので書かせてもらう。


東京電力の今回の補償問題に関してです。

記者会見や国会での答弁でも原子力損害賠償法の規定に基づいて補償するとひたすら答えているが、この法律が適用されるのは『巨大災害などの場合には電力会社の責任を免除する』と言う事である。

今回の事故の原因は想定外(?)の津波のように言い訳をしているが、はたして本当に天災だろうか?


多くの雑誌やネットにも書かれているが、僕も今回は津波による天災では無く、東電の認識の甘さによる人災だと断定している。

福島第一原発がある場所に大津波が来たのは初めてではない。
1960年に起こった有史以来最大の地震であるチリ地震によって、5,7mの津波が到来している。

また800年代に起こった貞観地震(今回の地震と同型と言われている)では、福島界隈でも10m前後の津波が到達したとの地層調査結果が出ている。

対して福島第一原発の津波への防災想定はたったの5mしかない。
過去に想定を超える津波が来ているのに、それを今回は想定外の津波による天災だと言われても腹立たしくて仕方がない。


原子力損害賠償法の規定に基づいて補償とは、すなわち全国民からの税金で賄うと言う事だ。
6~10mの津波を過去に経験しながら、それ以下の防災体制しかとっていないなら、人災として東電自身がまずはトコトン身銭を切るべきではないだろうか?

東電管轄と違う地域に住んでいる俺らの税金までもが何故に使われなイカンのだ?
いや結果的に使われるのはいたし方がないのは分かるが、それは東電がトコトン身銭を切ったらの話だ。


さらに本日のコメントでも役員報酬50%の削減はかなりのペナルティーだと自ら語っていたようだが、被災者の苦労を真に感じているのなら、そんなコメントは出来ないはずだ。


国会議員の誰でも良いから、東電の殿様商売をトコトン追及してはくれまいか?





第4期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。





スポンサーサイト

Comment

Name - 東電への税金投入反対者  

Title - 

東電への損害賠償請求が大幅に今後、ありそうですが、ただでさえ諸外国に比べ、電気料金が高い(およそ2倍以上の水準)にもかかわらず、更なる電気料金の値上げをはかる、しかもすべての電力会社横並びで!!
信じられない体質です。
その前に東電は新卒採用しないという愚挙でなく、既存社員の給与半減や年金支給カット、退職金カット、人員整理などやることがあるだろう。
今まで、組合は民主党と経営陣は自民党と密に結びついてきた御用会社ならではの体質ではないでしょうか。
まさか政府はこの会社に、国民の税金投入なんかしないでしょうね。
2011.04.29 Fri 19:33
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 東電への税金投入反対者さん

民間とはいえ公共事業者のような会社ですから、外部から今までとは全く違う経営陣の入れ替えがない限り、いつまで経っても『親方日の丸』体質は変わらないのでは?。

政府(自民党も含め)は色々と恩恵を受けてきているわけですから、最終的には東電を守るでしょうね、残念ながら。。。

2011.04.30 Sat 12:38
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。