「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜岡原発 

支持率低迷回復の起爆剤的な匂いがプンプンするが、静岡県の浜岡原発の停止を政府が要請したのは周知のとおりだと思います。


浜岡原発は僕が住む名古屋から約130km、東京からは約180kmの位置にある。
今回の災害のような状態になったとしても、これだけ離れていれば両都市に避難指示などが出る恐れはないと思うが、今回北関東一円の農産物に風評被害があったように、東海地方にも風評被害が及ぶ恐れは多々あるといっていいだろう。


せっかく自然栽培と言う安全な栽培方法を取っていても、放射能汚染されては元も子もない。



ニュースなどで語られているから今更書くのもなんだが、浜岡原発は東海地震の震源域に立っている、非常に非常識な原発だ。

津波の心配もさることながら、もし浜岡原発直下でM9の地震がおきたら建物自体の耐震性も怪しい。
浜岡原発はM8にを想定して建設しているのだから、M9はその10倍以上の地震エネルギーに当たる。


今回の事故のような状況になった時、東京と名古屋に被害がおよび、その経済損失は今回の東日本大震災の比では無いのは素人でもわかる。


支持率回復の匂いはプンプンするが、今回の浜岡原発停止の判断を最上級に支持している。
 (耐震耐津波の設備が整うまでと言わず、廃炉にしても良いと思っている。)

中電は一時停止に対して渋っているようだが、事故が発生してからの損失と、数年間停止の損失を比較した場合、僕がオーナーなら即断するだろうに。

株主や地域の雇用問題云々を気にしている場合だろうか?

また御前崎市の市長さんも雇用問題を気にしているようだが、原発に関わる事業をしている(もしくは恩恵を受けている)地域以外の人々への経済損失に対して、厳しい意見のようだが御前崎市として責任を持てるのか?

今回の福島原発を見てもわかるように、風評被害も含めれば、その経済損失は北関東一円に及ぼしている。

今すぐ停止すべきだ



ちなみに一番近い安政の東海地震の時の津波の記録を調べてみた。

安政の時の推定マグニチュードはM8,4。
御前崎での推定震度は6弱~強。
津波は5.5m。

浜岡原発前の砂丘の高さが約10mらしいから、過去値から推測すればクリアーできているが、今回の震災のように想定を超えることもあるのだから、万全の体制を敷くのは当たり前だろう。

何せ次に起こると予想される東海地震は、先の地震から150年以上歪のエネルギーを溜め続けているのだから、8,4以上のマグニチュードを想定しても可笑しくない。




ついでに名古屋の被災状況も調べてみた。

震度は推定6前後。
津波は熱田神宮あたりで6~7尺と言うから2mくらいだったようである。
 (熱田神宮は標高5mにあり津波の被害は無かった。)
但し、市内を流れる堀川、天白川などを遡上し、尾頭橋付近、鳴海付近にまで被害をもたらしたそうです。

今回の仙台平野と同じく、海辺から5~6kmの地区は要注意。
想定外の危険を見越して少なくとも10m以上の高台もしくは建物に非難した方が良いと言うことです。




第4期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。