「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のワイン 

 昨日のクリスマスの料理の中のもう一つの主役のワインのお話を。

以前のブログにも書きましたがこのワインはイタリア北部のトリノ市がある
ピエモンテ州のアスティという町で作られた1969年のワインです。
BARBERA 1

(アスティは他にスパークリングワインが有名です。)

 このワインを飲んだ感想はどうだったか・・?
まず色合いはピエモンテのワインによくあるガーネット色で、意外と淡い色調でした。
バルベラダスティー

 香りはリンゴやスミレの様な優しい香りなのですが、抜栓したときは流石に香りが硬かったので、飲む2時間前にデキャンタージュしてばっちり飲み頃の香りにしておきました。

 味の方もタンニンがしっかりしていて豊な果実の味がしてコクもあるのですが、食事が終わる頃にはさらに優しくなめらかな舌触りになってきました。

 セコンドピアットにポルチーニ茸とトリュフ入りのチーズを使いましたが、
この食材もワインと同じピエモント州の名産なので、これらを食べた後にワインを飲むと食材の味が余韻を残し、そしてワインの香りも口の中に広がっていきました。
伊賀豚とポルチーニ


 こんなに古いヴィンテージのワインは滅多に飲めないので、このワインを
いつの間にか買ってしまったYちゃん、そして作ってくれた方、今まで良い
状態で管理してくれた方などに感謝です。
スポンサーサイト

Comment

Name - シンヤン  

Title - 

おはようございます☆
ボクはワインにはウトイんですが、味をいろいろと想像しながら耕作人・Kさんの文章読んでおりました。
なんともオイシソウ!(料理も♪)
早くもお腹がすいてきました(^^)
2005.12.27 Tue 10:36
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 @シンヤンさん へ
これを機にワインもドシドシ飲んでみたらどうでしょうか?
僕も普段ワイン飲む時はコップ酒だし、気取って飲むなんぞ滅多にしていません。
小難しい能書きなんぞ無しに美味しく飲めりゃそれで幸せ。
たかかが酒ですから。
(但しココぞって時にはこだわりますが・・)
2005.12.28 Wed 00:39
Edit | Reply |  

Name - リー  

Title - 

耕作人・K さん、おはようございます♪
ワインは2年程前に、飲みすぎて気持ち悪くなって嘔吐して
しまってから、怖くて飲んでません。(^-^;)
いくら美味しくても、飲みすぎは禁物ですね~
耕作人・K さんも、お気をつけ下さい。(笑)
2005.12.28 Wed 10:06
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 @りーさん へ
 全盛期に比べて最近はとってもお酒に弱くなりました(全盛期:生大3杯楽勝⇒現在:生中3杯でギブアップ)
 りーさんはワインがダメなんですね?
僕は日本酒が苦手です。
と言うのも学生時代にテストの真っ最中にコンパをして、女の子に日本酒をガンガン勧められて飲みまくり、2日酔いでテストを受けて後日先生から呼び出しくらいました。
2005.12.28 Wed 16:53
Edit | Reply |  

Add your comment

Trackback

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  今日の朝食はイタリア料理
  • 夜間勤務の業務上、起きてから食べる食事が朝食になります。 今日は朝食にイタリア料理を頂きました。 食べた時間帯は世間一般からすると、昼食の時間帯でしたが。 行って来たのは「Le cafe igosso」。 igosso(イゴッソ)の営業時間などの基本的な情報は下記のリン
  • 2006.01.02 (Mon) 11:13 | 大連ライブドアインターンシップ充電記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。