「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトのTさん 

 最近は新しく栽培する物も無く、また不耕起栽培の為それほどやる事も無く、大根・ニンジン・ブロッコリー・トレヴィス・カーヴォロネロと販売中の物も年末近くとあって、得意先のレストランも最早在庫をしぼりだしてきたので配達にも行っていないです。

 そんな中耕作人の楽しみと言えば来季の構想を練ること。
以前畑を広くしたいと思い地主さんにお願いしていたのですが貸してもらえませんでした。
 どうして貸してもらえなかったかと言うと地主さんの親心。
今季の夏野菜の出来があまりかんばしく無かったので、「来年の夏野菜がキッチリ売り物となる物を作れるようになってからもう一度考えなさい」ということを言っていました。
 
 個人的にはどうせ空いてる畑があるなら貸してくれたって良いじゃんとの思いもありますが、今回は地主さんの親心と思い従うことにしました。

 では次の収穫アップ計画はというとハウスをぶっ建てること!
今季の夏のフルーツトマトは雨にやられて疫病やら青枯れ病やらの病気が出てしまったし、また水分管理が出来なかった為に味のノリが大変悪かったのです。
 また品種も「レッドオーレ」をやったのですが、レッドオーレはどちらかと言うと冬~春にかけて栽培が良いようなので、今年は夏場に強いフルーツトマトの品種を探していて先日見つけたので、それを栽培してみようと思います。(企業秘密で今は品種は内緒。)

 さてさて今日のお題の「トマトのTさん」ってのは、畑の近くにいるトマトがメインの農家さんで1反5畝位のハウスを持っています。
Tさんは減農薬で栽培していますが、肥料は有機系のみで不耕起栽培をしているので、近所の農家さんとしては僕の自然農法に一番近い農法をしている方なのです。

 今、自分の畑の空いている時間はこのTさんの所にお邪魔したりして、品種の事、トマトの管理の細々としたタイミングの事、ハウスの選び方などを教えてもらっています。

 ですので来季の春夏作の僕の目標は量より品質の向上に変更です。
そろそろ各野菜の品種の選定や種探し、200坪の狭い畑をいかに効率よく使うかなど頭を使う方が重点的になっています。
スポンサーサイト

Comment

Name - たつま  

Title - 

耕作人さん、御無沙汰しています。
この時期忙しく、なかなかアップ出来ませんでした。
というか、これからさらに忙しくなるのがこの業界なんですが。。。

この前の雪で義父のレタスは全滅でした。
半端なく雪が積もって1週間全く畑に行けなかったようです。
こればっかりは仕方ないですね。

今義父は玉ねぎの苗を植えています。
自分も時間取れたら1000ほど植えて来ようと思ってます。
この販路を作らなくては!
しかし時間が無いのが・・・・

来年は少しでも前進するよう頑張りたいと思っています。

今年もお世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。

良いお年を!

2005.12.30 Fri 16:27
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 @たつまさん へ
 05年中にコメントをお返しできませんでした、すいません。
 そして明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
自然農法、頑張って行きましょう!
2006.01.01 Sun 01:54
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。