「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畝間の雑草 

先日の大雨(台風2号がきてた時)以来の天候不順でなかなか畑が乾かない。

乾かないと耕耘機やらトラクターでの手抜き雑草処理が出来ず、もちろん刈払い機でも草は刈れるがマルチの際はどうしても刈り辛く、例年この梅雨時に雑草を伸ばしてしまう結果になり、夏野菜が終わる頃にはマルチの上面が雑草に覆われてしまったなんてことが、例年のパターンです。



今年も梅雨の雨で雑草は元気に伸びまくり!

しか~~~~~し!!である。

今年からは強力な相棒がいる。

ハンマーナイフモア①

モアである。



広めに取った畝間にこいつを走らせれば、粉微塵に雑草を砕いて、土さえ乾けば草を絡ませずにすぐにロータリーを入れられる。

梅雨時ですぐにロータリーは入れられないが、それでもマルチを傷つけずに雑草を刈って、野菜に適度な日光を当てて上げることができる。



ズッキーニ11/6/6
この写真はズッキーニの栽培風景だが、一番左の雑草が少ない所がモアをかけた箇所で、その違いをお分かりいただけるだろうか?


今日も収穫の隙をついてカボチャと来年収穫予定のカルチョーフィの畝間をせっせとモア掛けをしました。

なんだかんだで、この時期は雑草の処理が主な仕事かな?

モアを使ってもマルチの際を処理するのはちょいとテクがいるが、それでも腰が悪い僕にとって、かなりの省力化に繋がっている。




かぼちゃ11/6/6畝景
かぼちゃ。
この写真はモアを入れる前だから雑草が生えまくっているが、今は跡形もなし。
粉微塵になった雑草が敷き藁の代わりをしてくれる。

かぼちゃ11/6/6(雄花開花)
今年のカボチャは今のところ順調で、去年とは葉の展開が段違いで今年は調子がよい。
雄花が目立つようになってきた。
大雨が降らないことを祈るばかり。






第4期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。






スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。