「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研修生の見学 

今、当園には3期研修生と、プチ研修生が数名いますが、雨でろくに農作業が出来ない絶好(?)の日和に、恒例(?)となった他園への研修見学を行いました。

第一期研修生の大吉君が独立した浜松の地へ。

目的は3つ。

1つ目は現研修生の為に、就農1年目の農家がどうした行いをしているかを直に見せる事。
これはある程度軌道に乗ってしまった『あぐりーも』ばかりを見ているんじゃなくて、就農1年目とはどんな苦労や喜びを持って農作業にあたっているかを知って欲しいと思ったからです。

喜びは素直に自分に受け入れれば良いし、苦労話は自分ならばどのように回避すれば良いかを考える事が出来るだろうと。


2つ目は大吉君の現状確認。

3つ目は大吉君の改善すべきポイントのアドバイス。


以前すこしだけ電話で苦労している現状は聞いたのだが、実際に僕自身の目で土壌条件などを見ない事には的確なアドバイスは出来ないだろうと思っての事です。


現地で感じた事をアドバイスし、それを僕の地元の先輩農家さんとも相談をし、アドバイスが間違っていなかったことも確認しました。


うちでは研修中の質問やアドバイスに関しては、答えは言わない事が多い。
それは自分自身で考える力を身につけて欲しいが為だが、逆に就農後はすぐに答えを教える事が多い。

就農後は生活がかかっている。
そんな時に「自分自身で調べろ!」なんて悠長なことは言ってられない。
即答即行に移していかないと潰れてしまう恐れがあるからだ。

だから僕は研修中より独立後の方が優しいかも?



第4期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。