「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気合と忍耐力 

農業研修っていうのは、修行の身だと思っています。

例えば料理の世界ならば、お店の大将が「コウシロ!!」と言えば絶対の世界だし、寝る間・休日も惜しんで仕事の復習をしたり、予習をしたりしない若い衆は、結局形だけの料理人にしかならない、と・・・某料理長からきいていますし、僕もそう感じています。


農業でも研修や就農初期の頃はそうではないだろうか?

何故なら僕は独学で自然栽培を研究していった。

分からない事が有れば、翌朝のバイトが早朝からで起きるのが大変なのが分かっているにもかかわらず、納得が出来るまで夜中の2時3時まで調べ物をしていたなんてのは日常茶飯事だった。

さらに約3年間もそんな生活を続けていた。



僕の場合、色々な面で悪条件(主に資金不足)だったからそんな生活を続ける羽目になっていたわけだけど、各々に色々な悪条件ってのはあるはず。

しかしその悪条件を乗り越えていかないと、自分の目標には遠く及ばないだろう。



アルバイトがあって疲れるからとか、他の事が忙しく自分の時間をもてないとか、そんなモノは単なる甘えでしかない。

人生の修行期間ならば、時間は無理やり作る物ではないだろうか?


新規就農の最初期は色々な意味で大変なのは僕自身も痛感してきた。
それを乗り切るのはやはり気合と忍耐力では?



第4期・自然栽培による農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。