「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日の晩ご飯 

いやはや、一昨日の晩から昨夜にかけては、よく雨が降ってくれました。
一週間ぶりの雨になるから恵みの雨といえばそうなんだけど、ここ最近の秋雨はドカッと降ることが多い。
ガキの頃(昭和の頃)の秋雨といえば、しとしとと降っていたような記憶があるのだが、記憶違いでしょうか?



今日は久々に我が家の晩ご飯。

イベリコ豚のロースがあったので。
イベリコ豚のプレートディナー①
テーマをカフェご飯にしたのでワンプレートに盛ってみました。

イベリコ豚のプレートディナー②
かなり手抜きで、おかずの全てはただ単に茹でたり、グリルしたりでして。。。
 (しかしこれが一番素材の味が分かる調理法なので。)


最近ようやく秋の野菜でルッコラなどが採れてきたので、それも乗っけてあります。
しかもドレッシングもかけずに。


イベリコ豚にかけてあるソースも超手抜き。
バルサミコとマスタードをEXVオリーブオイルで和えただけです。
 (隠し味程度にしょう油を極々少量。)

しかし、火をじっくり通すべきべき物はじっくり火を通し、軽く火を通すものは軽くと、基本的なことはしっかりやりましたし、イベリコ豚も下味プラス焼き上がりに岩塩をかけて味をガチッと整えるとか、普段出入りしている飲食店さんで見ている調理の仕方をしっかり真似してみました。

お皿の下の方にある半月型にカットしているのは丸ズッキーニですが、畑の片隅にこぼれ種から生っているのを見つけて使ってみました。
こぼれ種の思わぬ恩恵に感謝です。



そうそう、ラディッシュの生を子供にかじらせて見ました。
最初は皮をむいて。
そしたら美味しいと食べるので、今度は皮付きで食べさせて暫くしたら「辛い~~~」と吐き出していました。

写真には写っていない安納芋のポタージュスープを急いで飲ませてあげましたが、やっぱり3歳児の子供に皮付きの生ラディッシュは早かったようです。
 (先日はわさび菜も齧らせて同じような事が。。。)




第4期・自然栽培による農業研修生と、プチ農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。