「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア&愛知野菜 

秋冬野菜の出荷をようやく開始したばかりだけど、来春の仕込みも並行してやってます。

渥美絹さや11/11/5
愛知の伝統野菜『渥美絹さや』と、

ファーベ11/11/5
こちらは発芽したばかりのイタリア野菜の『ファーべ』。

どちらも収穫まで7カ月ほどかかりますので、除草の手間を省くためにマルチ栽培してます。


来春用の豆類の仕込みはこの他に一寸そら豆やスナップエンドウなんかもやってますが、今回はこの4種類だけにしぼってます。




春の話ではないけど、イタリア&愛知野菜の続きで冬に採れる物を。
大高菜11/11/5
これは超希少品種で愛知県の伝統野菜の『大高菜』と言い、名古屋市緑区大高町界隈でしか栽培&販売されていないアブラナ科の野菜で、今ではこの地区の界隈で昔農家をしていた人たちが懐かしんでひっそり作っている野菜です。

名古屋のお正月の雑煮はお餅ともち菜と言う野菜のみで作るシンプルなお雑煮ですが、大高町界隈の人たちはもち菜ではなく大高菜を入れるそうです。

大高菜は大きく育ち過ぎても餅菜のように硬くなり辛いのが特徴ですね。
お味も餅菜に比べると優しい苦みで、非常に食べやすい葉野菜だと思います。


カーヴォロネロ11/11/5
一転。
こっちは非常に繊維がしっかりしているイタリアのカーヴォロネロ(黒キャベツ)。
トスカーナ州の代表的な料理「ミネストローネ」には欠かせないトスカーナの伝統野菜で、かなり煮込まないと柔らかくなってくれません。

写真手前の葉の長さが只今30cmくらいでもう摘み取っても良い大きさになってきたので摘み食いしてみましたが、やっぱりまだまだ不味いですね。

夜間気温が常時一桁代になってこないと独特の甘みと風味が増してきません。





第4期・自然栽培による農業研修生と、プチ農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。