「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あせる気持ち 

さあ!やろうか!
と思う毎に、何かしらのトラブル対処が出てきてそちらを優先してしまい、なかなか夏野菜を片付けられない耕作人です。

毎度どうも。

トマトやナスなど夏野菜の残渣が立派に残っています。
これを片付けないと来年の準備が遅くなってしまいます。

畑の面積を必要以上に確保しているから(1町歩のうち使っているのは実際には5反程度で夏冬作を使い分け)秋冬野菜は問題無く栽培してますが。。。




その秋冬野菜。
周りの慣行農法の農家さんを見ているとすでにブロッコリーやキャベツなんかを出荷している姿もちらほら見かける季節になってきた。


僕のブロッコリーといえば
ブロッコリー11/11/7
だいたいこんな感じの大きさで、蕾の赤ちゃんの欠片もまだまだです。



慣行農法の農家さんとは品種も植えつける時期も、何もかも違うから小さくてもしょうがないと言えばしょうがないのですが、化学肥料が野菜を大きくする力を目の当たりにすると、何だか自分だけが取り残されていくような気が毎年してしまい、気持ち的にはなんだか焦ってしまいます。




第4期・自然栽培による農業研修生と、プチ農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。