「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1~2年目、以前② 

さて、先回の続きを書こう。

お上に免許を剥奪されて会社を去ることになったが、これはかなり辛かった。
それ以上に期待をかけてくれていた上司や先輩を裏切るような形にしてしまった自分が情けなかく、人と人との係わり合いをさらに学んだ。


会社を去った後はとにかく免許を再取得するべく正社員への就職はせずに、深夜のコンビニでアルバイトをして食いつなげた。
 (話外れます。
  ここのコンビニが名古屋でもトップクラスの売り上げがあるコンビニで、
  深夜ではあるが10年前のコンビニとしては破格の時給1,200円!
  歓楽街であった為、キャバクラのお姉ちゃんやホストのお兄ちゃん、フィリピーナと
  色々な人たちがいて結構面白かった。)

1年の刑期(?)を終えて無事に免許を再取得をしたが、もう車を使った仕事をしたくなくて工場に潜り込むも、ず~っと内勤をしているのは性に合わず辞めてしまった。

その後も職を転々としたが、最終的にはやはり元の食品業界に戻りました。

しかし以前感じたように缶詰や冷凍食品を売る日々はつまらなく、当時知り合った健康オタクの彼女(現在一緒にいる奴です)と遊び行った農産物の直売所で家庭菜園のレンタルファームのチラシを見つけて申し込んだ。

以前から農業に興味は有った。
ただ職業にするつもりはなかったし、リタイア後に悠々自適に出来れば良いな~ってくらい。


家庭菜園。
やってみたらこれが面白い!

芽が出る喜び。
少しずつ大きくなっていく喜び。
そして何より食って美味かった。
 (当時は有機農法。)

ちょうどその頃は会社勤めに色々と悩みを抱えている時期で、一か八か、とっても面白い農業にかけてみるべく、なんの保証もないまま会社を辞めてしまった。

ちなみにこの時点で貯金0円でのスタート言う、今から考えるとなんと計画性の無さかと呆れてしまう。


この時の家庭菜園の面積は履歴に有るとおり僅か40坪で、これまたアルバイトで食いつなぐが、かなりの部分をららかんに負担をかけてしまった。
 (ま、今でも負担はかけているが・・・


この40坪の時の初売り上げが576円だ。

以前の会社のつながりで居酒屋さんに野菜を買ってもらった。

40坪の面積で、野菜もごく僅かだし、義理で買ってもらえたとしても、自信には繋がった。
最初の一軒というのはそれほどまでに大きい意義がある。


しかし30歳も半ばで会社を辞めてしまい、中途採用の適齢期も逸脱してしまったのだから、もう後には引けない。
一生農業を続けるぞ!と覚悟だけは決めていた。


と、ま~ここまでが序章だ。


続きはいよいよ1~2年目のお話。
こうご期待!?(してね。)



第4期・自然栽培による農業研修生と、プチ農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。