「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1回5万円が目安 

すみません。
同じようなネタを書いていた人のブログに触発されて、今回は書いて見ます。
 (まねしてゴメンなさい


新規就農で農業やるは良いけど、実際にいくらくらい売ったら良いか不安になる人は大勢いると思います。


売り先の確保が出来ている云々の話は度外視するとして、うちのように野菜を多品種少量栽培している農家の一回(1日駆けずり回って)の収穫量としては5万円前後が目安になると思います。


例を挙げてみると
朝8時から収穫→昼休憩→午後の4~5時まで収穫。
だいたい8時間かけておおよそ5万円収穫できると思います。

5万円分と言っても、どれだけの量になるかピンとこないかも知れませんが、一度スーパーなどで5万円分の野菜を買ってみてください。

大根のそこそこ大きい物が1本200円だとすると250本。
サニーレタスが高いときで1個200円だから、それも250個買えることになります。
玉ねぎなら1kg/4個入りが200円だとして、約1000玉必要です。

同じ野菜ばかり250個程度ならそこそこの時間で収穫できてしまいますが、僕のように多品種でやっていると、あっちの畑に行って収穫、向こうの畑に行って収穫と、移動にも時間がかかるし、自然栽培(有機でも)なら生育の良いもの悪いものの見極めをしながら野菜の間を行ったり着たりもしますから、余計に時間がかかります。


その他にも葉野菜なら虫食いの葉や枯れた葉の除去もしなきゃいけなかったり、これが異様に手間がかかるし、もちろん最低限のパッキングもしなきゃいけない。
 (うちは新聞紙に包むだけ。)


そんなこんなをしていると、1日あたり5万円前後の収穫量に落ち着いてしまいます。

しかし毎日5万円分の野菜を収穫していると栽培管理にかける時間がなくなってしまうので、だいたい週2~3回に振り分けて収穫日&出荷日を設けている農家が大半なんじゃないだろうか?

僕が行っている太平洋側の平地での露地栽培の場合、春と秋で約2ヶ月の端境期があり、出荷できるのは約10ヶ月間。

週2回発送日を設けて一回に5万円分の出荷をするとしたら、1ヶ月で40万円の売り上げ。
10ヶ月なら400万円と単純計算できます。

実際にはもう少し多かったり、少なかったりする場合もあると思いますけど、一人当たりの売り上げとしてはだいたいこんなもんじゃないかと。。。

これに配偶者などパートナーがいたり、研修生がいたり、バイトや従業員がいたり、一人当たりの収穫に割く時間を増やせばもっと変わってきます。
 (今回は朝8時からのスタートを例にしてます。)

自然栽培で高付加価値を付けていくら高単価で売ろうが、やっぱり面積をこなしたり多くの労働時間をこなさないと売り上げ増は目指せませんね。
 (もしくはハーベスターなどの機械収穫にたよるか? その場合は借金と言う負担がかかります。)




第4期・自然栽培による農業研修生と、プチ農業研修生を受付中です。
詳しくは左横プロフィール欄の上段にある研修生受付をご覧ください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。