「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ ↓ の事 

保温機YK-2
覚えているだろうか、我がブログの読者諸君!!
 (うちのつまらんブログでも、多少のファンがいる!・・・と信じたい。)


結果報告します。


うちの結構隙間がある20坪の格安ビニールハウスではほとんど効果有りません。

一応育苗トレーを並べていた所にもう一枚ビニールトンネルをかけていたのですが、その中の温度、例えば外気温が0℃だった場合、育苗トレーの付近は3℃しか有りませんでした。

おそらくストーブが有っても無くても大差ないと思います。

おまけに一晩で約400円位灯油がかかります。
 (1L=140円前後の場合)


まぁ、今年は特に寒し日が多かったからね。

先日農資材屋さんで話を聞いていたんだけど、電熱温床マット持っている農家でも発芽には苦労していたらしいから、今年は仕方が無いかって感じです。


ただしハウス内がマイナスになった事はないので、夜間ハウス内結露による苗ダメージを防ぐ管理には使えるかもしれません。
 (お~い!Yさ~ん、ブログ見たよ。の話。)


確かに今年のやり方では、発芽に関してはあまり良い結果はでなかった。

しかし来年は設置方法を改良して、6℃程度は温度を上げれるようにしたいと思っている。

僕の経験だとハウス内の夜間気温が5℃をキープできて昼間気温が25℃以上あれば、トマトは8~10日程度、ナスは10日~14日程度、ピーマンは15~20日程度で発芽するから、とにかく夜間を5℃以上にキープしたい。

先日その方法を考えている時には15万円位かかるかと想像してブログに書いたけど、その後に色々調べていると代用が効く物があったりで、なんとか5万円以内に収まりそうだ。

とにかく考えを巡らせて、足を運んで色々調べまくりる事だな。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。