「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

4月からはコキ使われます 

本日ようやく夏野菜の育苗ポットの土詰めが作業がすべて終了。
合計で4,000ポット位あります。

内訳でいうと、
トマト・ナス・ピーマン・オクラ 計1500ポット
ズッキーニ・キュウリ      計 800ポット
カボチャ                200ポット
トウモロコシ             1000ポット
レタス                  600ポット
その他に細々とした物を200ポット位用意しますから、約4,000ポット強になります。

それから種を直接畑に蒔く野菜と豆類や、ジャガイモ、サツマイモ、そして今年は数件のお客さんから共通の野菜に試作依頼もありますから、準備は大忙しで、さらに雨が多くて作業が進まず、これまた超大忙し。



さて、今年最初に入った研修生もそろそろ2ヶ月が経とうとしています。
叱られたり、注意されたりながらも、僕の後を着いて来てだいぶん慣れてきたかとおもいます。


そろそろステップアップの時期。

最終的には自分の好きな野菜を段取り良く好きなように育てるところまで持っていきますが、最初のステップアップとして、研修日の段取りをすべて研修生が仕切れるところまで持っていきます。

夏野菜の準備と、進行中の春の豆類や玉ねぎの管理でおおよそ6反もありますから大変だと思います。

しかしこの6反を研修中にこなしておけば、最初は2~3反のスタートになると思うけどいざ自分が独立したとき、段取りを組むのが楽になると思うんですね。


ず~っと指示ばかり出して野菜の栽培を教えていくのも一つの手ですが、やっぱり自分で考えながら段取りを組んでいくのが一番の近道だと思います。


という事で、私、4月から基本的には研修生の指示によって動きます。
もちろん僕自身はその他にもやらなきゃいけないことはテンコ盛りなので、指示以外のことで動いている方が多いと思いますが。


いや~、親方をコキ使えるなんて滅多にない素敵な環境でっせ!



スポンサーサイト

Comment

Add your comment