「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年からALL福地ホワイト 

少しばかり強めの風が吹いていた今日だけど、日差しはたっぷりなのでちょっと動けば汗ばむ陽気でした。

今日は特に急ぎの作業も無く、久しぶりに各畑をじっくりと観察。

普段研修生に色んな物をじっくり観察せい!と言っている本人が最近はあまり観察する事がなかったので良い機会でした。


で、ここ最近見ていなかったお野菜へ。

ニンニク12/5/16
分かる人には分かるでしょうけど、分からない人にはなんの野菜か分からないでしょうね?

ニンニクの株元の写真です。

ニンニクは一片を9月中旬過ぎに土の中に植えておくと芽がでて、何カ月もたった間もなく収穫を迎える事になります。
 (ただ今年は例年より遅れ気味。)

このニンニクは福地ホワイト六片で、青森産の高級ニンニクと同じ品種です。

ホワイト六片の種ニンニクと言うのは非常に高価ものなので初回のみ購入して、少しずつ販売もしながら種ニンニクを残し、今年ようやくある程度の量まで栽培にこぎつけました。

去年までは隠岐ニンニクと言う品種も同時にやっていたのですが、今年からはALLホワイト六片にしました。


やっぱりね、美味しいんですよ、この品種。

最近若い女性に人気のバーニャカウダ。

中国産のニンニクで作ると美味しいバーニャカウダソースにはなり辛い。

けどこの品種ならミルクを足したり変な誤魔化しをしなくても、ニンニクの持つ甘味が出て美味しいソースになります。
素材の良し悪しってホント大事だと思います。


自然栽培の福地ホワイト六片ニンニク。
滅茶ウマでっせ~


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。